1. エンジニアが押さえておきたいプログラミングスキルの評価基準

エンジニアが押さえておきたいプログラミングスキルの評価基準

by US Mission Geneva
 プログラミングの評価基準を付けるのは一般的に難しいことではないでしょうか。何を持って、コードとして優れているというのか、どういうエンジニアが優れたエンジニアなのかということはわかりにくいでしょう。ここでは、プログラミングスキルの評価基準について紹介したいと思います。

プログラミング言語を理解しているのかどうか 

 コードを打ち込むだけでしたら、極端な例を挙げればコピーアンドペーストでも可能です。プログラミングが出来るかどうか見るためには、プログラミング言語を理解しているのかをチェックする必要があるでしょう。「この言語はこういう特徴があるから、こう使えば良い」と説明できるエンジニアは、プログラミングスキルがあると言えるでしょう。

プログラミングの制作能力 

 実物の完成具合でもスキルを見ることができるでしょう。完成までにどれぐらいの時間が必要なのか、指定されたものを作るためにどういう手段を取ったのかなどがプログラミングスキルを見極める基準になるでしょう。 また、制作した後に、提案をしてくるか、要求以上のものが作れているかどうかなども判断基準に含まれてきます。


 ここではプログラミングの評価基準を紹介しました。ただコードを作るだけでなく、その中でスピードや容量、改善点の発見などがプログラミングスキルとして認められているようです。しっかりと押さえて良いエンジニアを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する