1. 朝礼で涙の退職は厳禁! 立つ鳥は退職挨拶のスピーチで跡を濁さない

朝礼で涙の退職は厳禁! 立つ鳥は退職挨拶のスピーチで跡を濁さない

朝礼で涙の退職は厳禁! 立つ鳥は退職挨拶のスピーチで跡を濁さない 1番目の画像

 退職が正式に決定したとき、または退職当日の朝礼で挨拶のスピーチをすることがある。

 退職当日に挨拶をする場合、送別会での挨拶は済んでいる可能性が高い。退職が決まったタイミングに挨拶する場合でも、退職日までに送別会が開かれることもあるだろう。

 これらを踏まえた上で、朝礼で退職挨拶のスピーチする際の注意点と話に盛り込むべき要素について紹介したい。

朝礼で退職挨拶スピーチをするときの3つのポイント

 先に述べたように、朝礼で退職挨拶をする場合は、挨拶をする日の前後に送別会が開かれるケースが多い。

 それらを考慮した上で退職挨拶のスピーチをする場合、どんなことに気をつけて話せばいいのだろうか?

朝礼で退職挨拶をするときのポイント①:「簡潔なスピーチ」を心がける

 退職理由を詳しく話したり、思い出話を延々とスピーチで語るのは厳禁。

 「できるだけ簡潔に退職挨拶のスピーチするよう心がける」というのが退職挨拶のスピーチに関する1つ目の注意点だ。

朝礼で退職挨拶をするときのポイント②:「湿っぽいスピーチ内容」はNG!

 朝礼で退職挨拶をする際の2つ目のポイントは、感極まって湿っぽいスピーチにならないよう気をつけるということである。

 朝礼で退職理由などの湿っぽい話をされては、スタッフの仕事へのモチベーションは下がってしまうかもしれない。

 また、長いスピーチは急ぎの仕事や予定がある人にとって迷惑になってしまうことが考えられる。

 朝礼で退職挨拶をする際は、シンプルなスピーチ内容にすることを心がけてほしい。

朝礼で退職挨拶をするときのポイント③:退職への想いは送別会で話す

 送別会が催される場合、「退職への想い」は送別会でスピーチしよう。

 朝礼で退職挨拶をする際は、あくまで「朝礼」であることを踏まえて前向きな退職挨拶のスピーチにするのが好ましいのだ。

 会社での思い出がたくさんある定年退職の場合は、感情が高ぶってしまう人もいるだろう。

 定年退職の挨拶が「涙のスピーチ」にならないように、ぜひ注意してほしい。

退職の理由は話す? 朝礼での退職挨拶スピーチで盛り込むべき要素

 「簡潔な退職挨拶スピーチを心がけてほしい」と先述したが、ただ「本日で退職します。お世話になりました」というスピーチではあまりに素っ気なさすぎる。

朝礼での退職挨拶に盛り込むべき要素とは?

 簡素な退職挨拶にしないためにも、スピーチに30秒〜1分ぐらいの時間はかけたほうがよい。退職に際しての気持ちを伝えることができるだろう。

 退職挨拶でのスピーチに盛り込むべき要素は3つ。「退職の報告」「感謝の気持ち」「職場へのエール」である。

 これら3つの要素をスピーチに一言ずつ盛り込むことで、およそ30秒〜1分程度のスピーチ内容になるはずだ。

退職の理由を明言できない場合は「一身上の都合で……」と話す

 定年退職や転職、結婚での退職であれば、職場のメンバーは退職理由をよくわかっているはずだ。朝礼の退職挨拶スピーチで改めて退職の理由を説明する必要はない。

 しかし、現在の仕事や人間関係が原因で退職する場合、詳しい退職理由を職場のメンバーに話していないこともあるだろう。

 その場合は「一身上の都合によりまして」とつけ加えればよい。

 最後に簡単な例文を紹介しておくので、退職時の挨拶に困った場合はぜひ参考にしてみてほしい。

朝礼で退職挨拶をするときのスピーチ例文

  • 私は本日をもちまして、退職することになりました。

    先日は送別会を催していただき、ほんとうにありがとうございました。またこれまで長い間お世話になりましたこと、ほんとうに感謝しております。

    〇〇社で学んだこと、培った経験を次の人生に最大限に生かしていく決意です。

    みなさん、どうかお体に気をつけて、ますますお励みください。
    陰ながら、皆様と会社の御隆盛をお祈りいたします。

    本日の退社時間まで、最後の仕事をさせていただきます。
    どうぞよろしくお願いいたします。


 朝礼で退職挨拶をする際は、スタッフ全員の顔を一人ひとり、ゆっくり視線を巡らせるようにして話そう。

 おだやかな微笑を浮かべて挨拶をするのが、朝礼での退職挨拶のスピーチを成功させるための最後の「カギ」だ。

 ぜひ本記事を参考に、朝礼で退職挨拶をすっきりとまとめて、跡を残さない退職の仕方をしてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する