1. 退職の意思を同僚に公表するのはいつ?【適切なタイミングとNGなタイミング】

退職の意思を同僚に公表するのはいつ?【適切なタイミングとNGなタイミング】

退職の意思を同僚に公表するのはいつ?【適切なタイミングとNGなタイミング】 1番目の画像

 退職の決断をした場合、「一緒に仕事をしている職場の同僚に、いつ意思表示をしたらいいか?」という問題がある。

 「できるだけ早いタイミングがいい」と考えてしまいがちだが、退職の意思表示は早いほどいいとは限らない。

 それでは、いつ意思表示をすべきなのだろうか?適切なタイミングとNGなタイミングについて考えてみよう。

退職を同僚に公表することがNGのタイミング

本記事のまとめ

  • 退職を決めたら、上司に伝えてから同僚に公表する
  • 正式な手続きの前には同僚に伝える

退職を決めて、同僚に即公表することは避けよう

 退職の決意が固まったとき、ついそれを親しい職場の同僚に話してしまいたくなるだろう。

 大きな決断をしたという高揚感、また自分ひとりで抱えるプレッシャーから、「早く人に話したい」という意識がつい働いてしまいがちだ。

 しかし、これは同僚に公表するタイミングとしてはNG。

 誰か1人の耳に入れば、退職することが瞬く間に広がっていく可能性がある。

 とくに「退職」というような、働く人にとって重大な話は、その広がる速度かなりのものだろう。

 退職の意思表示には、正しい手順があり、その手順を狂わせてしまう危険性がある。

 また、人間の気持ちは変わるものだが同僚に退職の意志を公表することで「退職を考えなおす」ということが難しくなる。

 退職を決めたばかりのタイミングで同僚に伝えることは避けたい。

退職を同僚に公表するのに適切なタイミング

退職を決めたら、上司に伝えてから同僚に公表しよう

 退職の意思表示の正しい手順を考えてみよう。

 決断をしたら、まずは上司と面談をし、その後に退職届・退職願を作成して上司へ提出。

 しかるべき部署で手続きをして正式な退職が決定するというのが一般的な手順である。

 それでは、どの段階で職場のメンバーに意思表示するのがもっとも適切なのだろうか?

 ベストなタイミングは、上司に話をしてその了承を得たタイミングだ。

 退職願を出した後が理想だが、上司の耳に話が伝わっていれば、退職願の提出後にこだわらなくてもよい。

 上司が他のスタッフに話をすることも十分に考えられるため、本人から職場のメンバーに意思表示をする方がいいだろう。

正式な退職手続きをする前には同僚に伝えておく

 遅くとも、正式な退職の手続きをする前には同僚に伝えたほうがよい

 これは人事部など他の部署の人が知っているのに同僚は知らない、といったおかしな事態を避けるためだ。

 会社を去るとき、お世話になった同僚に不快な思いをさせるのは好ましくない。

 同僚の中の誰から伝えるべきかということについては、神経質になる必要はない。

 たとえば直属の上司が課長の場合、部長にまでは速やかに話が伝わるはずだ。

 あとは職場の先輩、同僚、後輩ということになるが「年長者から順番に」などと考えなくてもよいだろう。

 ともに仕事をしている人にまず意思表示し、後はそのとき席にいる人に話すということで問題はない。


 お世話になった職場のスタッフから気持ちよく送り出してもらうためにも、退職の意思表示のタイミングは大切だ。

 退職の決意をしたときは、ここで紹介したタイミングを意識して同僚に報告するとよいだろう。

退職後の転職活動は「転職エージェント」を利用しよう

 退職後、転職先が見つかっていない場合は再就職を目指して転職活動を行うことになるだろう。

 そんな人におすすめなのが「転職エージェント」だ。

 転職エージェントは、キャリア面談を通して「前職を離れた理由」や「これからやりたいこと」を洗い出し、求職者に合った適切な求人を紹介し転職をサポートしてくれる。

 これから転職先を見つけようと考えている人は、転職エージェントに登録してみるのもいいだろう。

退職後、自分に合った企業を探したいなら『リクナビNEXT』

退職の意思を同僚に公表するのはいつ?【適切なタイミングとNGなタイミング】 2番目の画像

 『リクナビNEXT』は株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントだ。

 会員登録をすれば、求人情報の検索やスカウト機能などを無料で利用することができる。

 検索機能が充実しており、職種や勤務地など一般的な条件に加えて、「若い世代が活躍する会社」などのようにこだわりの条件で絞った特集なども閲覧することができる。

 また、転職エージェントが求職者の経歴を見てスカウトを送ってくれるため、前職を環境の不一致などで退職している人は、自分に合った環境を持った企業からスカウト届くのを待ってみてもいいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する