1. 組織内における情報伝達が果たす役割とその重要性

組織内における情報伝達が果たす役割とその重要性

 組織における推進力の基本に、ホウレンソウがあります。ホウレンソウとは報告・連絡・相談のことであり、情報伝達とは非常に重要な問題になります。 

 情報伝達経路が機能不全に陥るというのは、どのような企業にもあり得ます。それは、人を介することで行われる過程であるからです。人を介すれば介するほど伝言ゲームのように結果は変わってきますし、事実を目的地まで伝えることは難しくなります。 

情報伝達を円滑に行うために心がけること 

 組織においては識別や把握、処理された情報が組織内外に適切に伝達される仕組みを設備することが大切です。経営者や組織内の適切な管理者に適時、伝達される仕組みを設備しなければなりません。 

 また、情報は組織外に対しても適切に伝達する必要があり、外部の物に対しても適性な情報を提供していく必要性があります。こちらから伝達するだけでなく、外部からの情報を入手する仕組みも同時に必要です。情報伝達における基本とは、情報が正確に作成され把握すべき者に提供されるかということです。 仕組みができているからと言って、情報が誤報であれば意味が無く混乱を招いてしまいます。 

 さらに情報が正確であっても、適切に伝達することが必要とされます。近年の不祥事においても、適切な管理者に伝達されていないという例が目立ちます。そのような事態に対する対応としては、全ての社員に対して隠蔽は企業の信用失墜の原因になるということを教育し、従業員一人一人の認識を高める必要があります。情報伝達はやはり個人個人の心がけからくるため、このような認識がなされない限り、環境の設備やコンプライアンスを行なっても意味がありません。 

組織で情報が伝達されない理由

 組織で情報が伝達されないことには、いくつかの理由があります。 その1つに、委譲と委任が混同しているということがあります。委譲と委任が混同してしまえばどちらが情報を伝達するのかが曖昧になってしまいます。 

 また、情報には解釈が入るという点も伝達されない理由の1つです。情報は正しく伝えることが大切ですが、非常に高い割合で正しく伝わることがありません。時には感情も入り混じる場合もあり、特に嫌いな人間からの情報や都合の悪い情報はシャットアウトしがちになります。情報を正確に伝えるということは企業の信用を落とさないためにも重要な事です。言葉は生き物のように人を介するごとに変化を遂げていくものですが、責任を持って正確に伝達しなくてはなりません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する