1. ビジネスで役立つレベルの英語力を身につける方法

ビジネスで役立つレベルの英語力を身につける方法

by Ana_Cotta
 企業によってはグローバルな事業を行っており、英語を使う場面など、もはや珍しいものではなくなってきています。そうした環境で働く人の中で英語が苦手であり、相手が何を言ったのか分からないといった状況の人もいるのではないでしょうか。

 「自分にはそんな英語力はとても身に付けられない」と諦めてはいけません。年齢を問わず、これからの努力次第でビジネス英語は必ずマスター出来ます。今回は、ビジネスで役立つレベルの英語力を身につける方法について紹介していきます。

1. インプットとアウトプットで英語力を高める

 本物のビジネス英語を身につけるためには、「受験対策的」な英語力をではなく、「実践に役立つ」な英語力を磨いていかなければならず、教材でビジネス英語を学習しても、机上の知識だけでは実践で役立ちません。海外に単身出張する人の多くは英語をマスターしてから海外へ行くわけではなく、現地のビジネスマン達との会話の中でのフレーズを真似してみて、それを自分の表現として使ってみることで、実践に役立つ英語力を磨いているのです。そして、特に共通して言える事は継続的に学ぶ姿勢にあるとも言えます。

 ビジネスの環境として、普段はあまり英語に触れる機会は少ないという人は、率先して教材やインターネットでビジネス英語の定型文を調べて、自分の環境で役立つビジネス英語を少しずつストックしていく事が重要です。また、それを少しずつ活用して行くというインプット(覚える)とアウトプット(使う)を意識する事がビジネスで役立つ英語を覚える近道となるはずです。

2. 実践に役立つフレーズをストックしておく

 実際に、英語での会話を実践する場面で、役立つフレーズを覚えておくようにしましょう。例えば、相手の話すスピードが速すぎて良く聞き取れなかった時、 「Could you speak more slowly?(もっとゆっくり話してもらえますか?)」といったフレーズや、ちょっと困った時に使える 「Let me think.(少し考えさせて)」といった、とっさに使えるフレーズを覚えて置く事は実戦でも役立ちます。

 また、相手の話を聞く時の相槌も大切。「 Right.(そうですね)」「I see.(なるほど)」「Really? (本当ですか?)」「That’s amazing!(すごいですね!)」といったフレーズも役立ちます。しかし、全く分かっていない状態で分かった様な相槌を打っても、相手に対して失礼に当たるので、機会があればネイティブの表現などをよく観察しておきましょう。

 
 以上が、ビジネスで役立つレベルの英語力を身につける方法です。現在、インターネットでは英語に関する様々な情報があります。そうした中から、自分にとって役立つものをピンポイントで吸収し、実践で使ってみる事が効果的な方法と言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する