1. 新入社員が上司に質問するときに気をつけるべき3つのこと

新入社員が上司に質問するときに気をつけるべき3つのこと

by vancityhotshots
 新入社員の方は、知らない事が多く、疑問に思うことも多いでしょう。質問をすることはいいことではありますが、マナーや礼儀を守って質問することも社会人には求められます。ここでは、新入社員が上司に質問するときに気をつけたいことを紹介します。

1. 事前に質問内容をまとめておく

 質問する前に、内容をまとめておきましょう。上司の仕事を止めて質問をするのですから、出来るだけ端的に質問することが重要となります。質問のまとめ方は、自分の疑問点を書きだし、その中で何が重要かを決め、必要な事のみ聞くようにすると良いでしょう。また、質問にいたる過程や、環境などの話題も不要です。まず、聞きたい事を述べ、そのあとに必要な要点だけを伝えましょう。上司の返答が短く済めば仕事への影響も出ずに済みます。

2. メモを取る

 何度も同じ事を質問しなくても済むようにメモをとりましょう。同じ質問は自分でも聞きづらくなりますし、上司の不安感も煽ります。そのためにもメモをとる事をオススメします。メモを取ることで、後で見直しができ、考えがまとめられるだけでなく、きちんと聞いている事を上司に伝えることもできます。

3. 前置きはいらない

 また、上司に気を遣って「お忙しい中申し訳ありません。質問があるのですが」などと前置きを長くしてしまうと、余計に時間をかけてしまいます。質問の際は「○○はどうやるのですか?」と聞きましょう。最後にきちんと「ありがとうございました」といえば問題ありません。仕事は時間との戦いでもあります。効率よく物事を運ぶにはどうすれば良いかという事を常に念頭に置くと良いでしょう。


 ここでは、新入社員が上司に質問するときに気をつけたいことを紹介しました。上司に質問するときは、事前に内容をまとめ、端的に言えるようにしておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する