1. 女性起業家が男性起業家に比べて評価される傾向にある理由

女性起業家が男性起業家に比べて評価される傾向にある理由

 かつては女性は家事をするべきだとして、男性が起業に積極的でしたが、現在では女性の社会進出が進んでいます。そのため、ビジネスにおいても女性が起業するということも最近では珍しく無くなってきました。むしろ逆に、女性起業家の方が支持される傾向にさえなってきています。一体どうして支持されるのか、その理由についてご説明したいと思います。 

女性は男性よりも起業家として優れている

 女性は、男性よりも起業家として優れていると評価されることがあります。その理由はいくつかありますが、例えばその一つとして、女性は男性よりも完璧主義な方が多いと言う傾向があります。仕事に妥協せず、場当たり的で雑な仕事も回避される傾向があり、お金と時間の節約ができます。また、女性は他人に配慮する気持ちが男性に比べ、強いため自分達の利益を求めるだけでなく、顧客や従業員・投資家・創設者などとの関係も良好に保てます。

 さらに、女性は優れたコネクターとして定評があります。強力なネットワークにより、時にはベンチャー企業としての資金力も安定性が保てます。 他にも、女性はマルチタスクに長けているという点も挙げられます。複数のプライオリティに同時に取り組んだり、同時に複数の役割のバランスを取ったりと、スケジュールを敬遠する事なく、起業家の多角的な仕事に対処する能力を備え、機転を利かせて行動することができます。 そして従業員とは親しい関係を保ち、従業員が自分が評価されていると感じるような会社を築いていくこともできます。 

 女性ならではの心の配慮や、繊細さ、金銭目的でなく、あくまで仕事を丁寧にこなそうとする心持ちが仕事の成功に繋がりやすいという点で男性起業家よりも支持されるという事がいえるでしょう。 

女性が起業することについて 

 女性は起業の際に、ローリスク起業を目指す事が多いようです。ローリスク起業とは、華々しいベンチャー起業家とは一線を画し、あくまでも身の丈レベルで始める起業のことです。現在の仕事を続けながら徐々に収入をシフトしていき、人脈を広げたり、ビジネスプランを練ったりと、段階を踏んで準備することをいいます。 

 また、いきなり会社を辞めるという事も無いので他人に迷惑をかける事がなく、仕事をチェンジしていけます。起業家は基本的に前に出て仕切る人間をイメージしますが、実際には控えめで他人とすぐ親しく慣れるような協調性のある方の方が適しています。人に対して気遣いを行う事で周囲からの応援ももらいやすく、最終的に成功することができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する