1. 【3つのシーン別】会社を円満に退職するための方法

【3つのシーン別】会社を円満に退職するための方法

by yusuke.kokubo
 働いた期間の長短に関わらず、勤めている会社を退職する場合は、できるだけ円満にしたいもの。社会人としてのマナーというだけでなく、退職を決めてから実際に辞めるまでの時間を気持ちよく過ごすのは自分のためにもなりますし、また退職後の人生を考えても、円満退社するに越したことはありません。ここではその方法について、退職を決断してからその会社で過ごす最後の日まで3つのシーンに分けて説明していきます。

シーン1. 退職を上司に伝え、それを了承してもらう

 まずは、退職の旨を上司に伝え、説明し、最終的に上司に承諾してもらう必要があります。円満退職のための最大のポイントがこのシーンにあると言っても過言ではないでしょう。上司が簡単に「分かった」と答えるケースは少なく、多くの場合、1度は引き止められると想定しておいたほうがいいでしょう。結婚のための退職であれば、スムーズにいきやすいですが、それ以外の転職や早期の退職では「考え直せ」と言われることが多いです。

 それを想定した上で退職理由の論理的説明をしっかり準備し、決意の固さを示しながら上司を説得しなければなりません。決意を固めたら早い時期に上司にそれを伝え、できるだけ丁寧に説明するといいでしょう。場合によっては1度ではなく、複数回話しをする必要もあるかもしれません。焦らず、事前に「戦略」をよく練って、上司に説明しましょう。上司が「分かった。新しい環境でもがんばってくれ」と言ってくれるまで、粘り強く話をする。これが円満退職のための第一歩です。

シーン2. 部署のメンバーに伝える

 上司との話に決着がついたら、部署内の同僚に1人ずつ退職を伝えます。「この度、○月○日をもって、退職させていただくことになりました。××課長にもお話し、了解をいただきました。これまでお世話になった△△さんとお別れしなくてはならないのは本当に心苦しい限りです。」という内容の挨拶を、個々の社員に伝えます。

 部署内のすべての人に直接会って話をするのが、円満退職への道です。ある人には伝え、ある人には伝えないということをしてしまうと、退職日までの人間関係がぎくしゃくしてしまうかもしれません。相手が出張中など、すぐに話が出来ないときは、メールで伝えても構いません。できるだけ同時にすべての人へ伝えるのがポイントです。

シーン3. 退職日まで気持ちよく仕事をする

 退職が決定してしまうと、人間はどうしても「その先」のことばかり考えてしまうものです。現在の仕事に対する気持ちは薄れ、うっかりすると手抜きをしてしまうというケースもあるでしょう。しかし、同僚や上司はそれを見ています。その「目」を常に意識するのが、退職日まできちんと勤め上げるための方法です。これが円満退職の最後のステージ。それを自覚して、仕事に励みましょう。


 
 円満退職することは冒頭にも触れたとおり、その後のキャリアにもプラスに作用します。損得で考えても、円満に辞めるのは「得」なのです。この3つの方法を参考にして、きれいな辞め方を心がけてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する