1. 新入社員に「辞めたい」という悩みを打ち明けられた時の対処方法

新入社員に「辞めたい」という悩みを打ち明けられた時の対処方法

by spinster cardigan
 入社してきたばかりの新入社員は、新しい仕事にも期待に胸を膨らませてフレッシュな気持ちで業務に取り組みますが、時間が経ち自分の仕事に対する熱意を改めて考える時期に差し掛かると、現在の職場は自分に合っていないと考え出す人も中にはいるでしょう。そんな新入社員から相談を受けることも上司の立場にある場合はよくあることです。ここでは、新入社員に辞めたいという悩みを打ち明けられた時の対処法についていくつか紹介していきます。

親身になって話を聞く

 新入社員をしっかりとフォローしてあげるのが上司の役目です。まずはどういう考え方を持って、辞めたいという退職の決断に悩んでいるのかしっかりと話を聞き、理解してあげましょう。新入社員が辞めたくなる理由の多くは、職場や仕事に対して何か不満を持っている場合です。しっかりと話を聞くことによって、あなたの持っている解決策や意見を伝えることもできるでしょう。

客観的な判断を伝える

 辞めたいという悩みを持った新入社員にとって、毎日の業務はネガティブな思考で埋め尽くされており、現状の仕事のマイナス面ばかりが気になっているはずです。そこで相談を受けたあなたは、そのマイナス面は本当にマイナス面なのか、またその逆にプラスの面はどこにあるのかといった客観的な意見を伝えるべきでしょう。マイナス面ばかりが気になっていた新入社員も、新たな見方で現状を捉えることができるようになり、辞めたいと悩みを持つ新入社員の成長にも繋がることとなります。自分の意見はまず置いておいて、客観的に見たことに焦点を絞って伝えたほうが相手にとって良い相談内容となるでしょう。


 ここでは新入社員に辞めたいという悩みを打ち明けられた時の対処法についていくつか紹介しました。先ほども述べましたが、上司の役目は新入社員をしっかりとフォローしてあげることです。親身になって相談を受け、しっかりと冷静な判断を下すことが出来るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する