1. ビジネスシーンで英語を使うためにスキルアップをする方法

ビジネスシーンで英語を使うためにスキルアップをする方法

 日本のビジネスシーンにおいて英語力が急速に求められるようになり、その変化に対応出来ずにいる人が多くいます。確かに、英語力を身につける事は簡単な事ではありませんが、やる気はあるけれども一向に英語力が身に付かない人には何点かの共通する事があります。

 「仕事が忙しい」「時間が取れない」など、まず英語の勉強にすら取り掛かれていないという状況があげられるのではないでしょうか。しかし、自分の生活スタイルを良く見直せば必ず時間の隙間はあるはずです。通勤、休憩時間、打合せまでの待ち時間や移動時間、帰路などを見直してみましょう。そういった時間を利用してたとえ15分でも、英語を継続して勉強して行く事が非常に重要になります。

 また、英語の勉強に取り掛かる際は、自分のビジネスに必要とされる分野を選んで取り組んでいく事が大切です。ビジネスに必要とされる英語をインプットし、すぐに実践でアウトプットしていく事を繰り替えす事で、失敗と成功を経験し英語が上達していきます。英語が完璧になる事よりも、覚えた事を自信を持って実践して行く事が上達の近道とも言えます。

人のエピソードに関心を持つ

 英語が必要となる環境で働いている方の場合、周りの先輩や上司も同じ状況を経験しているのではないでしょうか?そういった先輩方の経験談を聞いて置く事も、ビジネス英語を勉強して行く事にとって良い情報となるでしょう。

 例として、支払いが遅れているクライアントに対し「お支払いをお願い致します」といったメールを送る場合、”request”や”ask”を使うべきところを”demand”という強い要求の言葉を使ってしまった場合「支払え」と命令のようになり相手を怒らせてしまうことになります。日頃から社内でのコミュニケーションをとり、そういった失敗や成功した事などの情報交換も大切です。

英語を早く読むようにする

 英語を上達させる方法として、英字の新聞や洋書、何でもいいのでとにかく読む事をおすすめします。そして、目標として早く読めるように心がけて読む練習をしましょう。分からない単語などが出てくる事があったらマルなどの印をつけて読み進めていきます。

 ネイティブで英語を話す人は1分間に200近いワードを話すと言います。そういった文章を早く読み進める練習をする事で、単語と文章の関わり方が段々と見えてくるようになります。これは、単語ばかりを見つめて覚えていてもそれをどこでどういう風に使っていいかわからない事への解決につながります。

 英語の上達には文法が必至です。こうした英文を早く読む練習を積み重ねる事で実践に役立つ英語力の上達に効果が期待出来ます。英語の文章を読み進めていく事で、単語と文章の繋がりだんだんと理解出来るようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する