1. 英語でビジネスメールを書けるようになるために覚えておきたいポイント

英語でビジネスメールを書けるようになるために覚えておきたいポイント

 今、多くの企業が英語力に注目し取りくみを行なっている中で、英会話等のスキルも勿論必要ですが、そういったビジネスのやりとりの中で「ビジネス英文メール」のスキルも今後需要が高くなってくるのではないかと考えられます。

 既にそういった環境にいる方の中で「書き出しが分からない」「件名はどう書けばいいのか」「内容が上手く伝わっているか不安」など、そもそも英語が分からないのに英文のメールを書かなければならないといった状況になっている人も少なくありません。しかし、そう簡単に英語でメールを書ける訳でもなく、「英語のメールなんて高い英語力がなければ書けるはずが無い」と諦めてしまう人もいます。

 確かに、ある程度の努力と英語力は必要ですが、練習次第では少しずつ英文メールも可能になります。英語のメールにも日本語と同様、決まった言い回しが存在します。そういったことを覚え上手く組み合わせする練習をすることで、英文でメールをく書く時間も少しずつ短縮できます。

英語の定型文を覚える

 日本ではメールを書き出す時、相手が取引先であった場合「いつもお世話になり、ありがとうございます。」とすることが多いです。これは、英語においても使える言い回しです。また似た様なもので「大変お世話になっております」というのもありますが、これも同様にメールの書き出しとして使えます。

 例えば「いつもお世話になっておりありがとうございます。」を英語で書いた場合は"Thank you for your continuous support as always."となり、「大変お世話になっております」は"We always appreciate your business."となります。この二つを使い分ける事だけでもバリエーションを増やす事が出来ます。まずは、自分が日本語でメールを書く際の色々な定型文をインターネットなどで英訳して覚えていく事がひとつの練習となります。

日本語メールを英文メールに作り替えてみる

 こうした背景もあり、インターネットでは「ビジネスメールの例文集」を集めたサイトなどがあります。そういったサイトでは、英語での例文と日本語の対訳が書かれているものがあります。こうしたサイトの日本語対訳だけを見て、一度自分で英文メールを作成する練習をしてみると、大きな効果が得られます。

 分からない単語等は辞書などで調べながら作成し、英文を見て答え合わせをする練習を積み重ねる事で、様々な英語の定型文を覚えられ、また英語のビジネスメールに対しても慣れてくるでしょう。そういった練習の中で、様々なシュチエーションを取り入れる事も大切です。

 「挨拶」「自己紹介」「アポイントの取り方」「会議の日程調整」「謝罪の仕方」など、自分の置かれている環境にあった英文メールを考え、日本語から英訳していく練習が効果的なのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する