1. 新入社員が仕事での抱負を挨拶で言う時に気をつけたいこと

新入社員が仕事での抱負を挨拶で言う時に気をつけたいこと

by
 新入社員には自己紹介の挨拶をする機会が非常に多いです。自己紹介の部分でも最も重要な部分の一つに、会社でやり遂げたい事や意気込みを語る抱負があります。しっかりと抱負を言って、アピールするようにしましょう。ここでは、自己紹介の中の豊富について紹介していきます。

話のオチは不要なので簡潔に

 自己紹介では簡単な自分の名前や出身校などを述べますが、それに付け加え入社を喜ぶ気持ちや今後の抱負、指導や支援をお願いする言葉を付け加えるとより丁寧です。例えば、「情熱を持って仕事に従事しますので何卒暖かくご指導の程、宜しくお願いいたします」というような言い方が適当でしょう。抱負を伝える際には、話のオチを求められる場合は無いため、自分自身の誠意をしっかりと伝える事が出来れば十分です。それ故内容がシンプルなものになってしまう場合もありますが、特に気にする必要はないでしょう。

大きな声で前を向いて話す

 挨拶をする場合には大きな声で前を向いて話すという事が大切です。抱負を言う時に、内容は非常に素晴らしいものであっても、言っている本人が自信がなさそうであったり、やる気がないように見えるととよくありません。「これからやるぞ」という気持ちを言葉だけでなく、態度でもしっかりと示すようにしましょう。


 ここでは、新入社員が挨拶の時、抱負を言う時に気をつけたいことを紹介しました。しっかりとした態度と言葉で、抱負が言えると、その後の業務でもスムーズに馴染むことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する