1. フリーランスの方におすすめしたい名刺を作るときのデザインの工夫

フリーランスの方におすすめしたい名刺を作るときのデザインの工夫

by june29
 フリーランスで働く上で必要不可欠なのが名刺です。フリーランスの方は、人脈を広げて仕事をもらうために、いろんな人に会う必要があり、名刺は大切な営業ツールとなります。あとになって渡した相手に「これは誰の名刺だっけ?」と思われないためにも、印象に残る名刺を作りたいものです。ここでは、フリーランスの方におすすめしたい名刺のデザインの工夫を紹介しようと思います。

顔写真を入れる

 名刺に顔写真を入れておくと、どういう人かという印象は格段に残りやすくなるでしょう。また、相手に信頼してもらうためにも、名刺に顔写真を入れ、「仕事にしっかりと取り組んでいます」とアピールすると良いです。

内容にあったデザインにする

 やってきた業務内容に合わせた名刺のデザインにするのも、良いでしょう。固い仕事をしてきた人は、真面目な印象があり、フォーマットとして会社と同様のものを作る必要があります。また、逆に、デザイナーや美術系など、グラフィックをウリにしたい人は、美しい写真や絵を入れることで、目を引く名刺ができるでしょう。

色にこだわる

 色というのも、人のイメージに残りやすくなる要因と言えるでしょう。また、色には心理的な効果があり、誠実さをアピールしたいなら青の名刺、情熱をアピールするなら赤の名刺と、色によって自分の人柄を表すのも面白いユニークな発想の1つです。


 ここでは、フリーランスの方が参考にしてほしい、名刺のデザインの工夫について紹介しました。印象に残りやすいカラーリングや文章が書かれており、その上写真が付いていて、誠実に見える名刺にすると、依頼もいくらか来やすくなるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する