1. 元手が少ない場合でも起業をするために考えておきたい手段

元手が少ない場合でも起業をするために考えておきたい手段

by Dick Thomas Johnson
 起業をするときのハードルの1つとして、元手が必要だという事があります。元手がない状態ですと、起業した後、自分の思うように進んでいかないことも多くなるでしょう。ここでは、元手が少ない状態で起業をするための手段を紹介しようと思います。

Webサービスで起業する

 Webサービスで起業をすると、元手としては少額で済ますことができるでしょう。Webサービスは、原則として、パソコンとその他周辺機器があれば、サービスを立ち上げることができます。スケールアップするためには、もちろん費用がかかりますが、まず、立ち上げる時の金額を減らすという意味では、Webサービスがかなりアドバンテージを持っていると言えるでしょう。

助成金を申請する

 元手が少ない状態から起業する場合に考えられるのは、助成金を申請するという方法が挙げられます。助成金を提供してくれる期間は様々であり、国や地方自治体の機関であったり、非営利法人、銀行など様々な機関がありますが、提供してもらえる額や、業種の条件など助成金の交付については様々な条件があるでしょう。起業する際の一部の資金や数百万円単位で助成してくれることが機関によってはありますので、ぜひ利用してみるといいでしょう。


 ここでは、元手が少ない場合でも起業をして、会社を興す手段を紹介しました。元手が少ないと、なかなか成功までの道のりは難しくなりますが、手段が無いわけではありません。しっかりと、検討した上で、起業しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する