1. ビジネス英語における英作文の練習方法

ビジネス英語における英作文の練習方法

by RLHyde
 英語を勉強し使っていく上で、それを完璧に自分のものにするために英作文の練習は避けて通れません。日記程度の英作文なら少し単語や文法を勉強すれば書けるようになりますが、英語をビジネスとして使いたい場合、日記が書ける程度の英語力では対応できない部分もたくさんあります。今回は、ビジネス英語を上達させるためには、どのような英作文を練習したらいいのかを紹介します。

1. 日常英語ありきのビジネス英語

 まず、ビジネス英語は日常英語に加え、さらなる専門知識が必要になります。「仕事で英語を使うからビジネス英語を勉強しよう!」というのは安易な考えです。野球のルールだけを頭に入れても体を動かして練習をしないと試合に出ても動けなくて意味がないように、日常英語もままならないのにビジネス英語に手をつけても結局、文法などでつまずくことになります。

 そのため、ビジネス英語を勉強する上では既に日常英語がある程度、身についている必要があるのです。ビジネス英語を習得したいと思うのなら、まずは日常英語を、一般的な単語帳や文法書で勉強すること。更にインプットしたことをアウトプットするために英語で日記をつけるようにし、英語で文章を考えることに慣れていきましょう。

2. ビジネス英語で使われる文章のパターンを把握する

 英語で簡単な日記が書けるくらいになったら、次はビジネス英語に触れるようにしましょう。なぜなら、やはりビジネスシーンで使われる英語のため、ビジネス英語で書かれた文章にはそれなりのパターンが存在します。そこで、英語のビジネス文書を色々と読んでみましょう。

 また、文章のバリエーションがあってビジネス英語の参考になるのがニュースです。ニュースサイトといってもエンタメやスポーツなどではなく、政治・経済系に注目するようにしましょう。

3. ビジネス英語で文章を作ってみる

 ビジネス英文をたくさん見て、パターンがなんとなく掴めてきたら、次は自分でビジネス英作文してみましょう。仕事で使った契約書などを英語で作り直してみるのもいいですね。上司の方や取引先に外人の方がいれば、何か用事があった際に英語でメールを入れてみるのもいいでしょう。英会話に自信がなくてもそういう姿勢を持つことも、上達への第1歩となります。

4. まとめ

 ビジネス英語を上達させるためには、日常英語を身に付ける→ビジネス英語に参入するという段階を踏むことが大事です。土台が不安定では、せっかくその上を勉強しても無駄にしてしまいかねません。ビジネス英語を上達させたいからこそ、日常英語をしっかりと勉強しなければならないのです。あいさつなどには、日常英語とは異なる、ビジネス英語なりの定型文があったりしますが、基本的な文法は日常英語もビジネス英語も同じ。日常英語もそこそこにビジネス英語を勉強し始めてしまって、なんとなく足が止まっている人は、日常英語から見直してみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する