1. 人見知りの人が歓迎会でコミュニケーションを取れるようになるために心がけたいこと

人見知りの人が歓迎会でコミュニケーションを取れるようになるために心がけたいこと

 どの環境においても、人は人とのコミュニケーションを取ることによって成長する場合が多々あります。しかし中には人見知りのため、人と上手くコミュニケーションを取ることができない人も多くいます。歓迎会などの人との親交を深める場所は、人見知りの人は特に苦手な場所です。

 社会生活において、なるべく人見知りを克服する方が賢明ではないでしょうか。そのために、これからいくつか人見知りの人が歓迎会でコミュニケーションを取る方法を取り上げていきます。 

思考を変えて自分を受け容れること

 人見知りの大きな原因は、自分の自信の無さからくるものだと言われています。それが原因であることを認識し、思考を転換することから始めましょう。人は思い込むことからそれを可能にすることができる生き物です。まず自分の良い面と悪い面を全て受け入れ、なりたい自分を想像し、どれも自分だと受け入れることで不安や恐怖心などを払拭することが出来ます。

 誰が相手でも、上手にコミュニケーションを取ることが可能になるでしょう。歓迎会の席だけのことに限らず、その思考の転換を行っただけでも、人とのコミュニケーションにおいて違いが感じられると思います。  

笑顔を絶やさないこと

 笑顔は最大のコミュニケーションスキルです。人見知りだと、内面の不安や迷いなどの意思が表情に露骨に出てしまうこともあるでしょう。笑顔は、相手に対して良い印象を与えるものであることは心理学的にも証明されています。そのため、笑顔で接することにより、最初から相手に良い印象を与えていることで、相手から好意的に接されることが可能になります。

 それは相手との距離も縮めることができ、自分の内面にある自信の無さ、不安も徐々に緩和されていくでしょう。笑顔を絶やさず人と接することは、人とのコミュニケーションにおいて最適な方法だと考えられます。 

聞き上手になること

 人見知りのため会話が苦手な人は、話をしやすい人になることをお勧めします。話のしやすい人とは、聞き上手であることと比例します。

 人は皆、自分の話を聞いてもらいたいという欲求を持っています。その心理を最大に利用して聞き役に徹することで、上手くコミュニケーションを取ることができます。自分は進んで話すことをしなくても、相手の話に耳を傾けてうなずいたり、相槌を打ったりするだけで、相手に話しやすい人という印象を与えることが可能です。回数を重ねるごとにタイミングも上手く図れるようになるでしょう。

 いかがでしたでしょうか。以上の3項目で取り上げた、人見知りの人が歓迎会でコミュニケーションを取る方法を一度試してみて下さい。少しでも、以前との自分と違っていたら幸いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する