1. 【もはや必須のスキル!?】社会人が英語を勉強するべき3つの理由

【もはや必須のスキル!?】社会人が英語を勉強するべき3つの理由

by Yi-Chung Huang
 英語の重要性がビシネスでも声高に叫ばれていますが、どうして、社会人が英語の勉強をしなくてはいけないのかと疑問を持つ人も多いと思います。英語の学習の中で、モチベーションとしても英語を学ぶべき理由がわかっているといいでしょう。ここでは、社会人が英語を勉強したほうがよい理由を紹介します。

1. 英語ができる人材を多くの企業が求めている

 社会人が英語を勉強する理由の一つは、英語ができることによって、ビジネスマンとしての価値が上がるからです。英語が出来る人と出来ない人では、企業が求める人は、英語ができる人でしょう。ビジネスの能力が高く、その上英語が出来るとなると、その人のビジネスでの価値は上がるのです。英語の学習によってキャリアアップができるため、更に、よりよい待遇で働くことができるチャンスも出てきます。ビジネスマンとして、英語は武器の一つになると言えるでしょう。

2. 英語ができると入る情報量が多い

 英語が分かると、ありとあらゆる情報が入ってきます。今ではインターネットであらゆる情報を手に入れる事ができます。しかし、あなたの知っている言語が日本語だけであれば、せっかくのインターネットも宝の持ち腐れになってしまいます。インターネット上の情報のうち、日本語で書かれているものは0.6%しかなく、英語で書かれているものは7割以上あると言われています。多くの情報を得るためにも、英語を覚えておくことは重要でしょう。

3. ビジネスパーソンとの繋がりが広がる

 日本語だけでは、日本のビジネスパーソンとしかコミュニケーションを取ることができませんが、英語を使うと、各国のビジネスパーソンとコミュニケーションを取ることができます。これによって、視野が広がり、選択肢も多くなるでしょう。ビジネスにおいて、可能性を伸ばす事ができるのも、英語の学習のメリットと言えそうです。


 ここでは、社会人が英語を学ぶメリットを紹介しました。英語を学ぶことで、単に語学としてスキルアップするだけでなく、様々なメリットを得ることができます。ぜひ、社会人の方は、英語を学習するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する