1. 海外出張が終わる時に現地でお世話になった人に対して伝えるお礼の仕方

海外出張が終わる時に現地でお世話になった人に対して伝えるお礼の仕方

海外出張が終わる時に現地でお世話になった人に対して伝えるお礼の仕方 1番目の画像

 最近では、企業の海外進出などにより、海外出張をする機会も増えてきた。

 海外出張では現地のスタッフや役職者、顧客や宿泊先に色々な面でお世話になる機会が多く、出張期間が終了して帰国する際にはお礼をする場面も多い。

 本記事では、海外出張の終わりに使えるお礼の伝え方について紹介しよう。



海外顧客を訪問することに伴う海外出張の場合

 まず、海外顧客に対してお礼を伝える方法について紹介する。

海外顧客を訪問する際にお礼を伝える

 海外顧客を訪問する際に、海外顧客側が宿泊先や顧客が配慮してくれる場面もある。

 現地の地理や交通機関などに精通してない場合は、ちょっとしたアドバイスや情報をくれることもある。

 また商談やプロジェクトを共同で行う場合には、長時間にわたり接遇することも多く、かなり親密で友好的な時間を過すこともあるだろう。

 海外からわざわざ足を運んでくれたことに対しての親近感や感謝の気持ちの表れでもある。

 顧客に対しては、今後の「ビジネスの発展と躍進を祈念する旨」と「感謝の意」を帰国前のお礼の挨拶に含めると良いだろう。

 現地スタッフに対しては労をねぎらうとともに、今回の計らいによって助かった旨、感謝の意を伝えよう。

実際にお礼を伝える際に使える英語フレーズ

 実際に顧客に対して使えるお礼の英語フレーズを以下に紹介する。

【海外出張で使える英語表現】顧客に対するお礼フレーズ

  • Thank you so much for everything you have done to me.
  • It was a pleasure to meet you. Thank you for helping me out.
  • I had a great time. Thank you.
  • Thank you for having me.



海外サプライヤーや協力業者を訪問する場合

 次に、海外サプライヤーや協力業者を訪問する場合について紹介しよう。

海外サプライヤーや協力業者にお礼を伝える

 
現地のサプライヤーや協力業者も、海外から来た客人を大いに歓迎してくれるだろう。

 お互いに異なる商流でビジネスを行う者同士、相手を理解しようとコミュニケーションが活発になる。

 また商談をまとめるため、先方から接待を受けることもあるかもしれない。

 帰国前のお礼の挨拶では、先方に対して「お互いのビジネスの成功を期待する旨」と「滞在中の計らいに感謝する意」を伝えると良いでしょう。

お礼をする際に使える英語フレーズ

 実際に海外サプライヤーや協力業者に対して使えるお礼の英語フレーズを以下に紹介する。



海外本社・支社を訪問する場合

 最後に、海外本社・支社を訪問する場合について見ていこう。

海外本社・支社を訪問する際にお礼を伝える

 社員を海外本社や支社へ出張に行かせる会社もある。

 会社全体を通しコミュニケーションを良くし、グローバルプロジェクトや商談を牽引するにあたって社員を送り込むケースなどがある。

 よって、新たな社内人脈が構築され、社内で知識や情報の共有が行われる。

 出張期間中は現地のスタッフや役職者は出張者の受け入れのためにランチや夕食といったプライベートの時間をシェアすることもある。

 今後の業務がより一層スムーズに行えるようコミュニケーションをとるよう配慮しているからに他ならない。

 帰国前のお礼の挨拶では、「滞在期間中の思い出や今後の相互協力体制強化につながった旨」、そして「感謝の意」を伝えよう。



お礼をする際に使える英語フレーズ

 実際に海外本社・支社に対して使えるお礼の英語フレーズを以下に紹介する。

【海外出張で使える英語表現】海外本社・支社に対するお礼フレーズ

  • Thank you for making my stay worthwhile.
  • It was great opportunity to see how the branch office doing.
  • I learned many things from this visit.

 上記のどのパターンにおいても、宿泊先には滞在期間中の手配や心遣いに関して手短にお礼を言うことで次回の出張滞在も心地良いものになるに違いはない。



 どんなに忙しくてもお世話になった方々に対して感謝の意を伝える絶好の機会が、帰国する前に行う別れの挨拶だ。

 現地での有意義な時間を楽しく締めくくることができ、次回の海外出張もより一層充実することだろう。

 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する