1. SEOを意識する際の記事タイトルの適切な文字数

SEOを意識する際の記事タイトルの適切な文字数

by 麻酥酥
 SEO対策においてタイトルは非常に重要な要素の一部です。記事タイトルを決める際には、適切な文字数でいかに魅力的な文章を作るかを重要視しなくてはなりません。これにより検索エンジンのアルゴリズムに触れた際に、どういったサイトなのかすぐに分かるようになり、アピール出来る部分にもなるので、記事に合うタイトルをしっかりと考える必要があります。
 
 また、その文言が魅力的であればあるほど、多くのアクセスを集めることも出来るようになります。そこで今回は、SEOを意識したときの記事タイトルの適切な文字数について紹介していきます。

1. 検索ページでタイトルが収まる文字数

 検索エンジンでキーワードを検索した際に、ぱっと見て内容が分かるタイトルであれば安心してそのページを見ることが出来ます。そのため、タイトルは全て表示することが可能な文字数で抑えるほうが分かりやすく、検索者にも安心感を与えることが出来るでしょう。検索エンジンで全て表示されるようにするには、全角で30文字〜32文字程の文字数が適切だとされています。このあたりを念頭において、記事タイトルを決めていく必要があるでしょう。

 また、現在のニュース系の記事などでは、一目でタイトルを理解できる13文字程度が主流となっていますが、簡潔にまとめ伝えることが可能であればその形でも問題はないでしょう。

2. 分かりづらいタイトルにしない

 上述した文字数に抑え、SEO対策に成功して検索順位が上がったとしても、内容の分かり辛いタイトルになってしまっては意味がありません。文字数にこだわりすぎてアクセスが伸びないといった状況はよく見られますが、もし30文字〜32文字で表現に無理があるようなら、思い切って50文字以内に収めてみるのも一つの手です。

 最近ではソーシャルメディアでの表示がタイトルになるため、従来言われていた文字数よりも記事タイトルを長めにし、説明的なタイトルにしたほうが読者が興味を持ち、アクセスが伸びるという声も多く聞かれるようになりました。実際に、タイトル数を30文字〜40文字の記事でたくさんのアクセスを集めているサイトもあれば、50文字程度でたくさんのアクセスを集めているサイトもあったりと、文字数の適正に関して一概には言えないという状況ではありますが、何よりもタイトルが分かりやすく、読者の興味を惹く内容である必要があるのは一目了然です。

3. まとめ

 SEO対策の本来の目的は検索上位を狙い、アクセス数を増やすことにあります。そのため良く分からない、記事の内容に合っていないなどのデメリットがあるくらいであれば、思い切って文字数を増やしてみることも考えてみましょう。ソーシャルメディアを中心にするか、検索エンジンを優先的におくかによって適切な文字数は変動がありますが、キャッチーさを損なわないことで、最終的な目標であるアクセス数増加を手に入れることが出来ます。この記事を参考に、適切な記事タイトルを作成し、アクセス数を増加させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する