1. SEO対策における記事タイトルの適切な長さ

SEO対策における記事タイトルの適切な長さ

by midorisyu
 SEO対策の重要性は多くの人の知るところとなっていますが、まだSEO対策に取り組んでいないという人もいるのではないでしょうか。

 SEO対策を講じる前と後では、そのサイト状況は全く違ったものになることもあり、驚くような結果が得られることも少なくはありません。記事のタイトル一つにしても、適切な長さを選ぶことで、その効果は大きくなることでしょう。

 そこで今回は、SEO対策における記事タイトルの適切な長さについて紹介していきます。

1. 適切な内容をシンプルに伝える

 文字数でいえば30文字〜32文字以内が適切な長さとなります。しかし、その中でも適切なタイトルを適切な長さでつける必要があります。長すぎるタイトルはSEO効果を下げることになり、意味の繋がらないタイトルでは、ユーザーがその他の競合に流れていっても仕方ありません。

 そこで、重要なキーワードは2つか3つに絞り、より優先度の高いキーワードは前にするといった工夫が必要となります。そうすることで検索エンジンにも明確に内容を伝えることもでき、検索上位に近づく可能性も高くなるでしょう。

2. 読み手が得をすると感じるタイトル量

 タイトルの長さにこだわりすぎて、内容が伝わらなければ意味がないということは上述した通りですが、仮に内容が伝わってもユーザーが得をすると感じる内容とその長さでなければ、最終的なアクセスには繋がらないでしょう。

 タイトルの適切な長さとは、読み手が見たときに、得をするなと感じる長さでもあります。一見し、すぐに理解出来る長さにすることは非常に重要なポイントです。そのため、30文字〜32文字以内に抑えるにしても、20文字〜24文字程度で簡潔にまとめてしまうのも一つです。この長さであれば、タイトルを見た際にすぐに読むことが出来ますし、サイトへ誘導しやすくもなるでしょう。

 しかし度々言っているように、内容が薄いタイトルになれば、アクセスに繋がる可能性はどんどんと低くなってしまうので、長さを短くする際には、伝わるように内容の濃縮されたタイトルを考える必要があります。

3. まとめ

 他にもオリジナリティのあるタイトルで検索上位を狙うなどいくつかの方法もありますが、タイトルの適切な長さとは、実際のアクセスに繋がる分かりやすい長さというのが基本です。数字では上述したように、30文字〜32文字が検索エンジンにとって適切な長さですが、ユーザーが一見したときに理解出来るのであれば20文字程度でも問題はありません。SEO対策の目的としてはアクセス数の増加が大きなものとなるので、そのためにサイトにとって必要な記事タイトルの長さを選ぶようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する