1. 面接が上手くいかないとき参考にしたい偉人たちの失敗エピソード

面接が上手くいかないとき参考にしたい偉人たちの失敗エピソード

by JD Hancock
 面接を受けると、当然落ちてしまい、失敗してしまうこともあるでしょう。しかし、失敗しているのはあなただけではありません。偉大な功績を残した偉人も失敗を乗り越えて成功しています。ここでは、面接を失敗してしまったときに参考にしたい偉人の失敗エピソードを紹介したいと思います。

トーマス・エジソン

 偉大な発明家として知られるエジソンは幼少期から好奇心旺盛でどんなことにも「なんでなの?」と質問を繰り返す子供でした。そのせいか学校では教師に疎ましく思われ、「学習能力が低い」と見なされてしまいました。きちんとした教育を受けられず、学校にも通わない生活をしていたこともあり、就職も上手くいかず2度の解雇処分を受けています。その後、何度も失敗を繰り返し電球を発明するのですが、周りからみた失敗は彼の中では「成功のためには必要不可欠なもの」だったのではないでしょうか。彼の名言には「 私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。」というそんな彼らしい言葉があります。

エイブラハム・リンカーン

 アメリカ国民から最も愛された大統領と言われているリンカーンは選挙に8回も落選し自身で設立した事業を2度失敗しています。多くの人が諦めてしまうであろう状況の中、彼は諦めず自分の意思を貫きました。そしてその経験から色々なことを学んでいます。過去に何度もの失敗を繰り返し、その経験を無駄にせず前進することで多くのアメリカ国民に敬愛されたのです。彼の名言には「 待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである」と失敗しても前進する意欲をかきたてる言葉があります。

ウォルト・ディズニー

 ディズニーランドの創立者であり総資産720億ドルのウォルト・ディズニー・カンパニーを設立したウォルト・ディズニーは元々新聞社で働いていました。しかし「創造性が欠ける」と判断され解雇されています。その後、事業を始めますがうまく行かず3回も倒産させてしまい周りからの信頼も失ってしまいました。また、ディズニーのテーマパークを設立する際も市から建設を拒否。それでも諦めることなく何度も話し合いを繰り返しやっとの事でディズニーランド建設を勝ち取りました。彼の名言「 全ての夢は叶う。 もし追いかける勇気があるなら。」もそのような境遇から生まれたのかもしれません。


 偉業を成し遂げた彼らの共通点は「諦めず前に進むこと」です。困難だと思えるようなことも、努力を重ねれば達成できます。面接を失敗しても、振り回されることなく前進をして成功を勝ち取ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する