1. ビジネスの交渉の場で使うことができる英語のフレーズ

ビジネスの交渉の場で使うことができる英語のフレーズ

by joiseyshowaa
 ビジネスでは交渉の場に立つこともあるでしょう。英語を使って交渉をする場合、英語力に不安があると、押し切られてしまったり、交渉の上で不利になってしまうこともあります。しっかりとした英語表現を覚えておくと、交渉で上手く渡り合えるでしょう。ここでは、ビジネスの交渉で使える英語のフレーズを紹介したいと思います。

交渉を切り出すときの英語のフレーズ

 交渉に入る時、何の前触れもなくいきなり始まったら、相手もびっくりしてしまうでしょう。英語で、交渉を切り出すときも、何か前置きをしてから交渉に入ることでスムーズに交渉が進みます。「 Thank you for your time today.(本日は貴重な時間をとって頂きありがとうございます。)」「 First of all, I would like to introduce you about our product.(早速ですが、この商品について説明をさせていただきます。)」などと切り出していきましょう。 

交渉中に使える英語のフレーズ

 上手に交渉を切り出せたら、いよいよ本題です。プレゼンする商品によって相手にどのようなメリットがあるかを、的確に説明します。「 This product is the main topic of today.(本日の主要議題はこの商品についてです。)」「 I would like to explain the benefits of introducing this 〇〇〇.(この〇〇〇を導入する利点をご説明します。)」と交渉に入りましょう。交渉の進め方で大切なことは、相手が理解しているかどうかを確認しながら進めることです。相手の意見や質問をしっかり受け、意思疎通を図りましょう。同意するフレーズには「 I agree with you.」反対するフレーズには「 I disagree with you.」などが用いられます。また、価格交渉には「 How about this price with 1000 
pieces
 purchase?(1000個頂くので、この価格でいかがですか。)」、納期の確認には「 I would like to confirm the delivery date of this product.(この商品の納期を確認したいのですが。)」などの表現を使うとよいでしょう。

交渉を締めくくるときの英語のフレーズ

 お互いに良い条件が出せて、納得できれば交渉が成立して契約です。欧米では契約内容をとても重視するので、しっかり読み確認しましょう。「 We will agree with little more discount.(もう少し割引があれば合意します。)」「 We will agree with this condition.(この条件で合意します。)」などのフレーズで交渉を締めくくります。また、「 We are sorry to tell you that we can’t agree with this condition.(残念ですが、その条件ではやはり合意できません。)」と交渉が決裂する場合は断るといいでしょう。


 ここでは、ビジネスで交渉をするときに使える英語のフレーズを紹介しました。紹介したフレーズを用いることで、スムーズの交渉を進めることが出来ると思いますので、しっかりと覚え、交渉に臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する