1. 企業組織やチーム内においてKPIを設定することの目的

企業組織やチーム内においてKPIを設定することの目的


 企業組織としてKPIを設定しても、どうしても個人としての実感がないとなかなか目標達成できない要因になります。せっかくKPIによって目標達成のための数字を出せても、それを実行できなければ意味がありません。それを解決するためには、KPIを設定する目的を理解する必要があります。

目標設定を明確にする


 組織全体として目標達成のために具体的な数字を出しても、果たして現場ではそれをどの程度実行すればよいのか、また各チームにおいてそのKPIで出された数字をそのまま適用できるのかといった課題が出てきます。

 そこで、チームごとにさらに行動分析を重ねていきKPI設定をする必要が出てきます。それは、それぞれのチームで目標設定をした上で組織全体での目標達成ができるようにするためです。これによって、チームのメンバーとしては、KPI設定がより具体的に身近なものになります。


チームメンバーに落とし込む

 各チームで目標設定をしたところで、今度はチーム内のメンバーそれぞれにKPI設定をすることになります。その目的はもちろん、一人ひとりがそれぞれの目標を達成するための計画を立てるためです。

 仕事の達成度はメンバーそれぞれ異なりますから、KPI設定もメンバーによって異なることになります。そこで、PDCAサイクルを利用することによって、各メンバーに有効なKPI設定を行って具体的な目標数字を弾き出すことになります。

 例えば営業であるなら、最初にテレアポがあるとすれば一日何件電話をかければ何件のアポイントに繋がるのか、というのがKPI設定になります。この数字も不変のものではなく慣れてくれば上昇してくるでしょうし、それをPDCAを使って設定し直し、後の業務にかける時間配分を増やすなどの修正をすることになります。


PDCAとの組み合わせでより最適化する


以上のような作業をチーム内の各メンバーで行うことにより、チーム全体としてのパフォーマンスをどんどん上げていくことができます。これこそがチームでKPIを設定する目的というわけです。組織全体としての目標をチームに落とし込んで、それをいかに実行するか、そのためのものというわけです。

 
KPI設定は、ともすれば机上のものになりかねません。それをうまく活かすためにも各チームにきちんと落とし込んで、さらに各メンバーが実行できる形にする必要があるのです。それこそが、チームでKPIを設定する目的となります。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する