1. 創業して間もないベンチャー企業が採用活動をするときの注意点

創業して間もないベンチャー企業が採用活動をするときの注意点

by Ella's Dad
 ベンチャー企業は、人数も大手企業や有名企業と比べると少ないため、採用活動を慎重に行う必要があります。特に創業期は様々な人脈を使いながら何とか優秀な人材を獲得しようと、悪戦苦闘することが多いのが現状です。創業間もないベンチャー企業が採用活動を行う上で、どんなことに注意が必要になるのでしょうか。以下で紹介していきます。

組織ビジョンに沿った採用活動を行う

 ベンチャーにとって、人材は特に重要です。1人の優秀な社員を採用したことによって、一気に事業を成長させて、売上が大幅増するということも少なくありません。会社を成長させるために必要なのはスキルセットもそうですが、コミットメントを強くしてくれる人を採用することがかなりのアドバンテージになるでしょう。コミットメント力の強い人材を採るためには、事業や組織のビジョンにあった採用を行うことが重要になります。まずは、自社の理念にマッチしているのか、ということを軸に人材を吟味しましょう。

マネージャーやリーダー採用は慎重に

 ベンチャーの採用スタンスの特徴として、良い人材をスピード採用する特徴があると思います。確かに優秀な人材ほど、競争率も高いため、人材を確保する意味でもスピードを上げて採用することは重要でしょう。しかしマネージャー職や、管理職のポストに就く人に関しては、慎重な採用が必要になります。 たとえば、ものすごくキャリアのあるマネージャー人材が入ってきたことで、若くやる気に満ちていた社員たちが、急にモチベーションを失うこともあります。ベンチャーにとって、個人が持つ影響力は想像以上に大きく、組織バランスが崩壊してしまう可能性もあるでしょう。現場リーダーとマネージャー、さらには役員も含めて慎重に社内で検討し、受け入れのタイミングが適正か、また受け入れ体制が組織的に取れるか否かのジャッジをしましょう。 


 ここでは、創成期のベンチャーの採用で気をつけたいことを紹介しました。ベンチャーにとって、人材採用は会社の将来を左右するリスクにもチャンスにも繋がります。キャリアやスキルだけで採用するのではではなく、ビジョンや人柄を含めて採用を行うことが、更なる成長に繋がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する