1. 転職の面接で前職の仕事内容を説明するときに気をつけたいこと

転職の面接で前職の仕事内容を説明するときに気をつけたいこと

by PhoTones_TAKUMA
 転職の面接で面接官が知りたい内容として、前職での仕事内容があります。しっかりと前職の業務やキャリアを伝えることで、転職の際の大きなアピールポイントになるでしょう。ここでは、転職の面接で前職の仕事内容を伝えるときに気をつけたいことを紹介します。

単純に業務内容を伝えるだけでは不十分

 業務内容というとというと端的に業務で何をしてきたかということを述べたり、詳しく業務の内容を述べる人がいますが、面接において前職の仕事内容を聞かれるということは、単純に伝えることとは別の意味合いがあることを理解しておくことが大切ですし、それを踏まえていれば、面接官に対しての印象はかなり違ってきます。

前職でどのような能力を身につけたのかを言う

 面接において求められることは、あなたが仕事をするにおいてどのような能力を持っているかということです。そして、前職においてどのような能力に磨きをかけてきたのかを知りたいと思っています。つまり、その能力に結びつくような業務内容を語る必要があるということです。そして、あなたの能力をどんな仕事で活かしてきたのかも語ることが必要です。そのふたつを押さえるように業務内容を言いましょう。

端的に説明することで本質を見抜く力をアピール

 仕事をこなす上で必要な能力のひとつに、本質をいかにすばやく見抜くことができるかということがありますが、それを面接において説明するのは難しいことです。前職の仕事内容の説明をわかりやすく端的に述べるためには、その本質部分を的確に把握しておかなければなりません。そして、それをうまく語ることができるのであれば、その本質を見抜く能力を備えていることを伝えることができます。しっかりとアピールすることを意識することが大切になるでしょう。

 
 ここでは、面接で前職の仕事内容を言う時に気をつけたいことを紹介しました。面接で前職の仕事内容をうまく伝えることによってあなたの能力のアピールに大きく繋げることができます。ここで紹介したことを念頭に置き、しっかりと前職の仕事内容を言うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する