1. 自分の行動の振り返りをして目標の軌道修正をする方法

自分の行動の振り返りをして目標の軌道修正をする方法

by Dick Thomas Johnson
 目標を立てる効果を高めるためには、振り返ることが重要になります。目標を振り返らないで、物事を進めていくと、結果的に目標達成ができないことになってしまうかもしれません。そこで、ここでは、自分の行動の振り返りをして目標の軌道修正をする方法を紹介していきたいと思います。

目標と実際のギャップを振り返る

 まず、目標に到達できているかどうかを、最初に掲げた目標と比べてみることがいいでしょう。目標通りに行っていないのであれば何が悪かったのかを具体的な行動と比べて確認していきます。その時に、自分がどのようなことをしてきたのかを確認できるようにしましょう。振り返りをしやすいようにするためには、出来る限り自身の行動を振り返れるように、日記などをつけて記録や記憶の喚起をしておくようにする必要があります。

目標通りいかなかった点を反省して修正する

 日々の行動が反省出来たら、次に修正すべき行動をどのようにして生かしていくのかを検討する必要があります。うまく行かなかった原因を見極め、次にするべきことは何なのかをしっかりと決定しましょう。周囲の人に協力がしてもらえる体制があるなら自身の行動がよりよくできる環境を整えたり、アドバイスをもらって、周囲の人の手助けを得ることも目標の達成のために必要な行動であると思われます。修正して方針を決めることも重要ですが、しっかりと次の行動に移すようにしましょう。


 ここでは、自分の行動の振り返りをして目標の軌道修正をする方法を紹介しました。目標を振り返ることは面倒な面も多いと思われますが、しっかりを自身の目標の到達点を見失わないように振り返りをして頑張って目標を達成しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する