1. 「上司が怖い」と感じる新入社員が萎縮しないで仕事を進めていく方法

「上司が怖い」と感じる新入社員が萎縮しないで仕事を進めていく方法

by Luke,Ma
 上司が怖いという新入社員の方は多いと思います。ミスをしてしまった時に、上司に怒られてしまったらどうしようと考えると、業務に支障が出てしまうこともあるでしょう。ここでは、上司が怖いと感じている新入社員が萎縮しないで仕事をする方法を紹介したいと思います。

自分が納得できるまで仕事をきっちりとこなす

 新入社員であると、自分は仕事ができない、迷惑をかけてしまうと思いがちな部分があると思います。まずは自分に自信をつけることが大切です。しっかりとした仕事をしているという自負があれば、堂々として仕事をすることが出来るでしょう。仕事としていい加減な部分や足りない部分があると自分でも自覚している場合は、仕事のミスをつっこまれるんじゃないかと不安に感じ、上司が怖いと感じてしまうのではないでしょうか。まずは、自分でしっかり仕事をしているんだと確信できるよう、普段からの仕事ぶりをキチンとしておくことが重要です。

上司とコミュニケーションをしっかりと取る

 上司とコミュニケーションがうまく取れていないことも、上司が怖いと感じてしまう原因になります。上司とコミュニケーションをしっかりと取り、業務のことだけでなく様々な話をしておくと、人間関係も改善され、上司を怖いという気持ちも軽減するでしょう。

同僚に相談できる相手を持つ

 同じ部署のなかで、ある程度話せる同僚を見つけ、仲良くなっておくといいでしょう。そうすることで、自分が上司から怒られたときに助けてくれたりアドバイスをしてくれます。相談できる相手を持つことで、上司への怖いという気持ちを周りに相談することができ、業務も円滑に進むでしょう。


 ここでは、上司が怖いと感じる新入社員が業務をしっかりとこなす方法を紹介しました。上司が怖いという気持ちは、仕事の効率を下げてしまうこともありますので、ここで紹介したような方法で、しっかりと仕事をこなすようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する