1. 脱サラして独立し会社を設立する時に起こりがちなトラブルとその回避方法

脱サラして独立し会社を設立する時に起こりがちなトラブルとその回避方法


  勤めていた会社を辞め、独立しようと考える人も少なくないでしょう。しかし、独立する際にはトラブルに出くわすことも珍しくはありません。ここでは、独立して会社を設立し際に直面しがちなトラブルとその回避法についてご紹介していきます。

会社を辞めて独立する際に起こるトラブル

 独立して企業を興そうと退職を申し出た場合には、企業から「これまでの業務に関連したビジネスを始めてはならない」と口止めされたり、今まで知り得た情報は外部に漏えいしないようにと誓約書を求められる場面もあります。時には会社をおこうと思った地域に引っ越しした際に、引っ越し先に嘘が吹聴されているなどの悪質なトラブルもあるようです。

 しかし、トラブルは極力処理してはいけません。トラブルを処理するというよりも、新たな期待に着目する必要性があります。トラブル対応においては、企業の姿勢がその結果を大きく左右します。こちらの想定通りに物事が進まない状態をトラブルと言いますが、一方的に相手が悪い場合を除いて相手にとっても同じことと言えます。

 その為、相手の思惑に配慮しなければトラブルを防ぐことは不可能です。トラブルをどうにかしようと考えるよりも、次に何をすべきか、今後の業績に対する態度が重要です。誓約書を求められた場合にはとりあえずそれを対処し、独立の手続きを進めます。また、嘘が広められていた場合にはその嘘を取り消すように新たな事業で顧客にサービスを行っていく姿勢が大切になります。

独立するときの回避法と心構え

 独立を決めた際には、事前に様々な心構えが必要です。独立のことを考えているならば、会社入社時からそのことを頭にいれた上で行動しなくてはなりません。独立の動機を自己分析したり、自分がどのような資源を所有しているのかという点も問題です。

 自己分析を行うことにより、独立する分野を決定することができます。また、色々なものと戦う準備をすることや、自分を管理する意識を持つ事も大切です。退職の際には、可能な限り円満な退社を目指して上司にはっきりと退職の意志を見せる必要があります。出来る限り勤務先の業務に支障をきたさないように配慮し、やめていくことが相手の企業の為でもあります。

 また、支えてくれる人材は一人でも多い方が好ましいため、わざわざ敵を作るような辞め方は避ける方が無難でしょう。独立することは楽しい事かもしれませんが、一方で試練も多くのしかかります。出来る限り良好な状態で新事業を開始するためにも、退職する際には相手の会社に迷惑をかけないような退職を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する