1. 時間がなくても英語の会話をマスターするためにやりたい2つの練習方法

時間がなくても英語の会話をマスターするためにやりたい2つの練習方法

 英語で会話をできるようになりたくても、なかなか英会話に通う時間がないというビジネスマンの方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、そんな忙しいビジネスマンでも英会話を身につけられる英語の練習方法を2つご紹介します。

英語で独り言を言う

 英語で会話できるようになるには実践が一番です。どんなに本を読んでいても実際にアウトプットしないことには身につけることは難しいと言えるでしょう。アウトプットする方法としておすすめなのが英語で独り言を言うということです。会話をするために相手が必要だと思っているとなかなか練習する機会はやってきません。一人でもできることとして独り言があるのです。周囲に人がいない時には実際に口に独り言を口に出すようにしてみましょう。それを習慣にしておくことでいざという時にもすぐに口から英語が出てくるようになるはずです。

英語で妄想する

 独り言に近いかもしれませんが、頭の中で英語で妄想を繰り広げることもいいと思います。何か場面を思い浮かべてその中での会話を自分の中でいろんな人になりきって行ってみるのです。そうすることによって、自分がこういうことを話したら相手はこう返してくるだろうという予想もすることができます。自分の身に起こったことで人に話したいなと思うことがあれば、それを英語で言うとどうなるのかを考えてみるのもいいでしょう。実際に英語を使って会話をする時にスムーズに話題にすることができるはずです。

 このように練習をしていても、最後は人と対面して英語を話すことが必要になります。しかし、そのチャンスを得た時に、アウトプットを習慣づけている人といない人では効果がまったく変わってくるでしょう。ぜひ上記の練習方法を実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する