1. 英語でメールの文章を書くためにビジネスマンがやっておきたい練習の3ステップ

英語でメールの文章を書くためにビジネスマンがやっておきたい練習の3ステップ

 海外とやり取りをしているビジネスマンにとって、英語で文章を書くスキルというのはとても重要なものだと思います。特に海外とはメールでのやり取りが多いでしょうから、英語でビジネスメールを書く力は必須だと言えるでしょう。ここではそのための練習法についてご紹介します。

1. ビジネスメールで使う表現、単語を覚える

 はじめに参考書などからパターンを覚えることをおすすめします。仕事で英語のメールを見る機会がある場合は、外国人からの文章も参考にするとよいでしょう。特に文頭や文末にはビジネスメールだからこその特徴があります。それがどのような表現の仕方かを知ることが大切です。

 また仕事の内容別に必要な単語を整理しておきましょう。請求や送金、発送、在庫、休暇や出張、納期など、それぞれの内容で使われる単語や表現は異なります。ビジネスで使う単語は限定されるので、使う頻度の高いものは暗記することを心がけてください。一覧表を自分で作ることもおすすめです。

2. 覚えたら実際に書いてみる

 自分が使う単語を書き出したらそれを実際に使ってみることが大切です。これが練習をする上で最も重要だと言えます。すぐに本番のメールに取り組むのではなく、自分でいろいろな場面を想像して、それに合わせてビジネスメールを書いてみるようにします。そうすることで、より適切な表現を探したり新たに知っておくべき単語が明確になったりします。

3. 添削をお願いする

 自分で文章を書いたら、最初のうちはなるべく添削をお願いするようにしましょう。自分ではきちんと書けていると思っていても、伝わらない表現を使っている可能性もあります。英語でビジネスメールを書く練習を始めたら、自分以外に人にどう見られるのか確認することを心がけることが必要です。

 このステップを踏むことで英語ビジネスメールにも戸惑わずに取り組めると思います。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する