1. 英語の聞き取り練習をする時に避けたい3つのこと

英語の聞き取り練習をする時に避けたい3つのこと

 英語を勉強する時に効率的な方法があるように、非効率なやり方もあります。そのようなやり方をとっていると時間がかかってしまったり、モチベーションが下がってしまったりする原因になってしまいます。今回は、英語学習の中でも聞き取り練習をする上で避けたい3つのポイントを紹介します。

1. 一字一句聞き取ろうとする

 英語の聞き取り練習でまずしがちなのが、英語で何を言っているか一字一句、丁寧に聴き取ろうとすることです。今までも「一語一語しっかり聞く→頭の中で日本語に変換する→それがだんだん追いつかなくなる→会話の流れを見失う」という経験をした人も多いのではないでしょうか。文章がある程度短いものであれば、そのような聞き取りの仕方でも対応できるかもしれませんが、実際にネイティブと話すときはこんな短時間で会話が終わることはほとんどありません。

 ネイティブが英語を話す場合、単語と単語を繋げて話してしまう部分がたくさんあります。この部分まで馬鹿正直に聴き取ろうとしても自分の想像していた言葉とは違う音が聞こえてきて焦ってしまうだけ。そのため最初のうちは、なんとなくでもいいので音声を何回も聞くことが大事です。なんとなく「ここはこう言ってるんだろうな」ということを繰り返すことで、耳が慣れてくるたびに細かい部分まで聞こえるようになってきます。

2. 英語を日本語に変換する

 ある程度リスニング力が付いてきた人でも結構やってしまうことなのですが、聞こえてきた英語を頭の中で日本語に変換することは控えましょう。英語を日本語で理解するというプロセス自体が英語の理解を妨げていることになります。英語を日本語のように無意識に理解できるようになるために「英語→日本語」の変換はできるだけしないように努力しましょう。いい訓練方法としては洋画を英字幕で読む、などです。英語を日本語ではなくイメージとして理解することを推奨されているのもこういった理由があるからなのです。

3. 静かな環境で聞く

 聞き取り練習をする際は、なるべく静かな環境で英語を聞くことは控えましょう。というのも、普段、人と会話をする際に周りが全くの無音なんて環境はほとんどないからです。単語帳についてくるレッスンCDやリスニングテストで話される英語では音の背景はほとんど何もないと思います。テスト中などシャーペンでコツコツする音や椅子を引く音が邪魔でイラッとした経験のある人もたくさんいると思います。人ごみの中、電車の中、電話など機械を通して聞こえてくる音声には必ず雑音が付き物です。静かな環境で聞き取れるということはコミュニケーションで聞き取りを行う上では役に立ちません。

 この部分のトレーニングとしては洋楽を聴くということが一番お手軽です。曲の中は楽器による伴奏で騒がしい上に、発せられる英語には音程が付いてしまっているのでアクセントも滅茶苦茶です。歌の英語を聴き取れるようになったら、日常会話も簡単に聞きこなすことができるでしょう。

 ぜひ上記にあげた3つのことは避けて英語の聞き取りの練習をしてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する