1. 転職の際にする自己分析のまとめ方のポイント

転職の際にする自己分析のまとめ方のポイント

 転職を考えている人が面接などに向けて自己分析をする場合、その目的はあくまでも就職するために活かすということです。分析そのものが目的ではありません。そのため、自己分析をした上でどのようなまとめ方をするかがポイントになります。ではどのようなまとめ方が望ましいのでしょうか。

長所と経験で身についたことを分ける

 自己分析をする時に必要なことは長所と短所を考えることですが、それは基本的に性格や性分といった元々備わっている面が大きいと思います。特に長所をアピールするときは、これまでの経験で身につけたと整理して分けておくことが必要です。自己PRとして考えていることのどの部分が自分の長所で、どの部分が経験から得たものなのか。自分の中できちんと分けておくことで、面接時にも相手によりよく伝わります。

短所はその解決法と一緒にまとめる

 自分の短所をまとめる時には、その短所を改善するためにどのようなことが必要だと思っているか、また実際にどのようなことを行っているのかを一緒にまとめておくようにしましょう。どんな人間にも短所はあるもの。大切なのは、自分の持つ課題を客観的に判断し、それをよりよくしていくためにどうすればいいのかを考える姿勢です。短所を話すのはそのアピールをする絶好のチャンスです。課題を自ら発見し、そして解決できる人材を企業は欲しがります。そのことを意識して書き出してみるとよいでしょう。

長所をどう活かせるのかを考える

 自己分析のまとめ方として必要なことは、結局自分の長所を会社の仕事にどう活かせるのかということに繋げることです。仕事に関係のない強みをいくら持っていたとしても、面接ではあまり興味を引かれません。仕事に携わる上でどれほどの働きができるのかを明確にイメージできるような人材であれば、採用する側としては有難いものです。そのために、単に長所と短所をリストアップするに留めるのではなく、そこからその会社にどのような貢献ができるのかをまとめておくようにしましょう。

 自己分析をしただけで満足してしまっていては、転職時に自分を相手に理解してもらうことはできません。それより一歩進んだまとめ方が求められるのです。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する