1. 英語で電話をかけることが苦手な人がすべき3つの対処法

英語で電話をかけることが苦手な人がすべき3つの対処法

by Paulo Brandão
 グローバル化が進んだことにより、仕事で英語を使う機会は多くなってきていることでしょう。その際、直接の会話よりも電話での会話は、相手の表情も見えない、電波状況と様々な理由から聞き取りにくく、伝わりにくいことが多々あるため、英語が苦手な人は更に萎縮した状態で受け答えをすることになります。英語で電話をかけることに心理的な抵抗があるようになるため、仕事にも支障をきたしてしまう恐れがあります。それを改善するため、その対処法として考えられるものを下記にいくつか取り上げていきます。英語で電話をかけることが苦手な人は実践しましょう。

1. 深呼吸をして気持ちを落ち着かせる

 深呼吸をする行為は、簡単なことのように思われがちですが、深呼吸は、体内の血液の循環を良くし、緊張やストレスを緩和する効果があるため、苦手なことをする前などは特に必要な行為です。深呼吸の有無で分けて、一度電話をかけてみて下さい。苦手意識の克服は深呼吸だけでは改善されませんが、確実に違いは見られるはずです。深呼吸をして気持ちが落ち着くと、話し方も穏やかにゆっくり話すことができるため、電話の相手も影響されて、同じペースで落ち着いて話すことが可能になります。

2. 英語の電話対応マニュアルを作る

 あらゆるシチュエーションに備えた、英語での電話対応マニュアルを作成することをお勧めします。仕事での経験上から、まずは必要だと考えられる英語の言い回しをピックアップし、あらゆるシチュエーションに分けて作成しましょう。マニュアルがあるということだけで、心理的に安心感を持つこともでき、いざという時はマニュアルを見て対応が可能になります。それを何度も繰り返すことで、自然に自信と英語力が身に付き、いつの間にか苦手を克服することが可能になります。

3. 日頃から英語に触れる

 英語で電話をかけることが苦手だと思うのであれば、自分で克服したいと願う気持ちも大事です。自分の耳に英語を触れさせる機会を多く設けることによって、英語に慣れることができ、英語に対しての苦手意識もなくなります。5分でも良いので、毎日英語に触れ続けることが大切です。苦手なものに萎縮している時間があるのであれば、逆に克服するために英語に触れる時間を作るようにしましょう。


 いかがだったでしょうか。英語で電話をかけることが苦手な人の対処法を取り上げてきましたが、仕事の効率も良くなることも考慮して、しっかり苦手意識を克服しましょう。以上の対処法を参考に実践してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する