1. 日本人が苦手としている英語の「R」の発音のやり方

日本人が苦手としている英語の「R」の発音のやり方

by Ed Yourdon
 
日本人にとって英語の発音は難しいものと言っていいでしょう。英語の発音には日本語で使わない音があり、アクセントに強弱をつけて話す言語と日本語では根本的に違いがあります。ここでは、日本人が特に苦手としている「R」の発音に焦点を絞って発音のやり方を紹介します。

「R」の発音を押さえる

 まず、「R」の発音がどのようなものなのかを理解する必要があります。
「R」の発音とはたとえば「right」という単語がそれに該当しますが、これを日本英語風にカタカナで示すと「ライト」となります。このとき、本場の英語を話す人は最初の「ラ」を言うとき口の中でまず巻き舌がかった独特の色気を帯びた発音の仕方をします。この発音は日本人には馴染みがなく、しかし正しく発音できると非常にかっこいいものです。


「う」と最初に言うとうまく発音できる

 
どうやったらうまくRが発音できるようになるのでしょうか。日本人にとってとても簡単な発音のやり方があります。それはRの前に「う」を入れることです。「right」であれば最初に「う」といってから「ライト」と続けていう事でラの直前にやや巻き舌風になり本場のRの発音に肉薄するものになります。ポイントはあまりはっきりと「う」と言っては言葉が違ってきてしまいますから小さく言って「ゥライト」という様に続けるとよいでしょう。「pray」ならば「プゥレイ」というようなやり方です。日本人はLに近い発音をしてしまいます。しかし「う」を入れて話すことで続く「ラ行」に相当する発音が自動的に英語の「R」に相当する発音に近くなると思われます。


 


日本人にとって難しい「R」の発音ですが、やり方を意識することでうまくできるようになります。しっかり意識することで、「R」の発音を身につけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する