1. 日本人が苦手な英語の発音の微妙な違い

日本人が苦手な英語の発音の微妙な違い

 英語の発音はただ勉強しても上達が難しいものです。日本人に馴染みのない音の強弱や口の動きはネイティブに実際に説明してもらわないとなかなかコツがつかめないからです。そこで、今回は発音の規則の基礎を紹介します。

「 æ 」

  単語 Apple 発音 ˈæpl
 
 口は「あ」の形を作って「え」と言います。

「 ɑ 」

 単語 father 発音 [fɑ'ːðər]

 口は「あ」の形で「お」と言います。

「 R 」

 単語 right 発音 rάɪt

 舌を上の歯茎に近づけて「r」と発音します。舌を上顎に付けないで下さい。

「 L 」

 単語 light 発音 lάɪt

 舌を上の歯茎につけて「ら」といいます。その際、舌を細くしてなるべく前の方につけて下さい。

 以下のサイトでLとRの違いが聞き分けられます。

「 ɚ 」

 単語 bird 発音 bˈɚːd

 舌を上の歯茎に近づけて「r」と発音します。舌を上の歯茎に付けないで下さい。「r」と同じ発音です。

「 ʌ 」

 単語 Sunday 発音 sˈʌndèɪ

 普段の「あ」よりも口を開けずに「あ」と言います。


 いかがでしょうか。発音は簡単ではない分、出来た時は嬉しいものです。何度も練習して細かい違いを使い分けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する