1. ソーシャルメディアを活用したマーケティングをするときの2つのポイント

ソーシャルメディアを活用したマーケティングをするときの2つのポイント

 最近、ソーシャルメディアでのマーケティングで従来の広告では成し得なかった成功を収めている事例が数多くあります。今後もソーシャルメディアを活用したマーケティングはますます拡がりを見せてくでしょう。そこで今回は、自社へとソーシャルメディアマーケティングを取り入れる際に、重要なポイントについて紹介します。

毎日の生活に寄り添ったサービス

 日常的に活用されるようになったソーシャルメディアですが、そのマーケティングにおいて重要なのは日常に寄り添ったサービスを提供するということです。クーポンやサンプル商品のように、普段の生活で気軽に使えるサービスを提供するのが生活に浸透したソーシャルメディアの最適な使い方なのです。どこにでも持ち運べるスマートフォンにこういったサービスを提供することで、今までの広告より確実に消費者の購買意欲を掻き立てることができます。

口コミによる拡大を狙う

 ソーシャルメディアは一定数の人が興味を持つことでさらに多くの人々の目に触れることになり、そのマーケティング効果は未知数となるでしょう。そのため、見た人が拡散したくなるような広告でなければ効率的な宣伝はできません。なので、ついつい広めたくなるようなメッセージを発し口コミを発生させる、いわゆるバズ・マーケティングのも有効な手段です。

 しかし、コミュニティの側面もあるソーシャルメディアでは、露骨にビジネス的な宣伝をすると反発されることもあります。そのあたりのさじ加減は経験でつかむしかありません。


 いかがでしょうか?ソーシャルメディアでのマーケティングの可能性はまだまだ未知数です。そのため、上手くいけば低コストで驚くほどの効果を上げられる可能性もあります。炎上に注意する必要もありますが、興味のある企業はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する