1. 効率の良い英語勉強の順序

効率の良い英語勉強の順序

 英語の勉強方法は人それぞれですが、自分なりの勉強法と手順をを生み出すことが一番良いでしょう。ただ、闇雲に勉強を始めるよりも、様々な手順を踏んで勉強を行った方が吸収も早くなります。英語を勉強するときに効率のよい順序を紹介します。

1. 基礎を固める

 最初から中級、上級者レベルの教材などを使うより、基礎を身に付けるために、初心者向けの教材などで勉強することをお勧めします。基礎を身に付けずにハードルの高いものから始めてしまうと、逆に勉強効率が悪くなり、英語に対しての意欲が薄れます。英語を勉強するにあたり、まずは基礎を確実に身に付けてから、それぞれのカテゴリーに挑みましょう。

2. 単語、文法を身に付ける

 はじめに自分の生活、仕事の中で使用頻度の高い単語と基礎的な文法を、初心者向けの教材を使って勉強することをお勧めします。自分が興味を持てる内容の教材を選ぶことが重要です。それができたら、少しずつ覚えた単語と文法を使って、自分なりに簡単な文章を作る練習をしてみましょう。

3. リスニング、リーディングを身に付ける

 リスニングやリーディングは、ある程度の単語と文法力がないと勉強が進みません。単語と文法を身につけたらリスニングとリーディングを勉強してみましょう。これも初心者向けの教材から始めることをお勧めします。いくらか知識がついているので学習もスムーズでしょう。自分で英語を理解できることが楽しくなり、勉強の効率も上がります。

4. スピーキング、ライティングを身に付ける

 スピーキングはリーディングとリンクしているため、スピーキング力を高めると、リーディング力も高まります。英語教材CDなどを繰り返し聴きながら、それを真似て話す練習を行いましょう。発音やイントネーションにも気を配りながら真似ることが重要です。

 ライティングはまずは文法を気にしながら、簡単な短文作りを正しく書くことから始めましょう。段階を経るごとに長文に挑めば、正確な英語力が身に付きます。


 もちろん、先の段階に移ったからと言って前の段階の勉強を辞めてよいわけではありません。特に単語は毎日の積み重ねが大事です。基礎を大事にしながら確実にステップアップしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する