1. 新入社員が上司からアドバイスをもらったときにしておきたいこと

新入社員が上司からアドバイスをもらったときにしておきたいこと

by muratama
 新入社員として会社に入り、気持ちも新たに仕事への期待や意欲に燃えている方も多いのではないでしょうか。
会社に入ると新しい事ばかりで戸惑う事も多いでしょう。今までの常識とは異なる部分も増えてきて、経験が役に立たないと行き詰まることもあると思います。そんな時、頼りになるのは上司や先輩です。きっと、沢山の指導をしてくれる事でしょう。では、上司があなたにアドバイスした時にしておきたいことを紹介したいと思います。



お礼をしっかりと言う

 

上司が、新入社員のあなたにアドバイスをする時は、自分の時間を割いて指導に当たっていることが多いです。また、アドバイスをするには、自分の経験や、あなたの気持ち、キャリアプランなど沢山の事を考慮していますし、しっかりと業務を見ているからこそ的確なアドバイスが出来るということを意識しておきましょう。
時間や労力を使ってアドバイスをしてくれた事にお礼や感謝の言葉を言うと良いでしょう。
しっかりとお礼や感謝をすることで、上司はこの先も気持ち良くあなたの為に力を貸してくれると思います。



メモをとる



 アドバイスを聞いても間違っていたり忘れてしまっては何の意味もありません。重要と思われることに関してはメモを取らせてもらいましょう。
同じ失敗を繰り返してしまうことは、ビジネスマンとして良いことではありません。しっかりとメモを取り、同じミスを続けてしまったり、アドバイスを何度もされないようにしましょう。

アドバイスをもらったら即実行する

 

アドバイスをもらったら、さっそく実行に移しましょう。同じ事をもう一度言われる前に、実行し、どういうところがダメだったのかを自分で確認しましょう。アドバイスをしっかりと受け止めて、自分のものに出来ることが、きっとビジネスマンとしての成長につながります。


 ここでは、新入社員がアドバイスをもらったときにしておきたいことを紹介しました。しっかりと話を聞き入れ、自分のものにしていくことが成長に繋がります。アドバイスを受けた時は、自分の成長のチャンスだと思ってきちんとした態度で臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する