1. ソーシャルメディアでのマーケティングで未然に「炎上」を防ぐためにやっておくべきこと

ソーシャルメディアでのマーケティングで未然に「炎上」を防ぐためにやっておくべきこと

by Norio.NAKAYAMA
 企業がソーシャルメディアを利用して、マーケティングを行う際には常に「炎上」のリスクを考えなくてはいけません。
ですが、いつ、そのようなことが原因で炎上するのかわからないということもあり、なかなか対策が難しいのではないかと思われます。ここでは、ソーシャルメディアを使ったマーケティングで炎上を未然に防ぐ方法を今回は提示したいと思います。



アラート設定をしておく


 炎上したくないからと言って、逐一検索サイトでいろいろなキーワードを調べていてもキリがありません。
ですので、そういった時に便利なツールとして、Googleなどで利用されているアラート作成機能を利用しましょう。
利用の際には、出来る限り自社に関連するキーワードを検索キーワードに盛り込んでください。
そうすることによって、敏感に怪しい情報をキャッチすることができます。
キーワードを検索しなくても簡単に炎上する危険性のあるキーワードを調べることができますから、
まずは、アラート作成機能を利用して、炎上しそうな情報をいち早くキャッチし、すぐに削除などの対処ができるようにしましょう。



教育や対応法を事前に考える


 炎上を未然に防ぐためにはあらかじめ社内の教育や対応方法を考えておきましょう。
例えば社員自身の公私問わずに、不適切な発言などがあった時や、情報を誤って流出させてしまった時などが炎上が起きる原因となります。
ソーシャルメディア上で不用意な発言などを発信しないように、社内での徹底的な情報管理を教育する必要が出てくるでしょう。
また、それらのような情報が、ンターネット上に発見されたときには、その情報への対策をあらかじめ考えておきましょう。対応の迅速性によって、炎上しそうなものでもすぐに情報を消すことが可能ですので
事前の準備は怠らないようにしておきましょう。


 ここでは、ソーシャルメディアでマーケティングをするときに炎上を未然に防ぐ方法を紹介しました。

以上のような方法が、炎上させず顧客を確保するソーシャルメディアを使ったマーケティング方法であります。
すべてを防ぐのは難しいかもしれませんが、出来る限り最善を尽くして炎上が起こらないようにしましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する