1. 英語の勉強量を増やすために実践したい3つのちょっとした工夫

英語の勉強量を増やすために実践したい3つのちょっとした工夫

by utpala ॐ
 様々な理由により、英語の勉強量を増やしたいと考えている人はいるでしょう。英語の勉強量を増やす目的は、どんな理由にしても、英語を身に付けたいという強い意志からくるものです。英語の勉強量を増やすための工夫としては、目標を決める、短期間の勉強スケジュールを立てる、時間割を作るなど、自分に与えられた時間を上手くコントロールをすることが大切です。今回はそのための勉強法について紹介していきます。

1. 目標を決める

 英語の勉強内容によって目標も人によって様々です。目標といっても、第一に自分にとって身に付ける値打ちのあるものが目標でなければなりません。身に付けたいと心から願うものであれば、勉強量を増やすことが自然に行えるようになります。

 英会話力を上げたいという人は、文法、単語、リスニング、リーディング、スピーキングなどのカテゴリー別で、いつまでにどれだけのスキルを身に付ける必要があるか、TOEFLやTOEICの勉強をしている人は、いつまでにスコアを何点を取るかなど、確実に得たいと思うものを目標に決めて英語の勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか?

2. 短期間の勉強スケジュールを立てる

 英語の勉強量を必然的に増やす方法として、短期で結果を出すことを目的とした勉強法が有効です。それには、効率的に英語の勉強ができるスケジュールを、しっかり立てる必要性があります。

 短期集中の勉強法は、脳を活性化させ、暗記効果も高まると言われています。スケジュールは、自分のレベルも考慮した上で、週、月などで区切って目標を設定し、それを達成できるようにスケジュールを立てましょう。目標達成が課せられることで、英語の勉強量は必然的に増えるはずです。

3. 時間割を作る

 英語の勉強に、2時間〜4時間と決めて机に向かっても、結局は自覚無しに、時間を英語の勉強以外に使っていることもあるのではないでしょうか?それを改善し、時間の無駄遣いを防ぐために、時間割を作って勉強を行うことをお勧めします。

 それをすることにより、有効的に時間を使うことが可能になり、英語の勉強量は確実に増えるでしょう。英語を身に付けたいと心から願う人であれば、それを守り、それに従って、集中して勉強ができるはずです。

 以上、英語の勉強量を増やすための工夫として3つの内容を取り上げましたが、全てに共通する大事なことは、英語を身に付けたいという強い熱意と意欲があってこそということです。それがあることを前提に、これらの勉強方法を取り入れて実践してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する