1. フリーランスで働く人が名刺に写真を載せることで得られる効果

フリーランスで働く人が名刺に写真を載せることで得られる効果

by Photasia
 フリーランスの方が自分を売り込むチャンスとして用いたいのが名刺です。名刺で印象を残すために、自分の写真を載せている方も多いと聞きますが、果たして、写真を名刺に載せる意味はどこにあるのでしょうか。ここでは、フリーランスの方が名刺に写真を載せることで得られる効果を紹介していこうと思います。

相手に自分のことを覚えてもらえる

 名刺に写真があれば、相手がその後名刺を見たときにどのような方であったのかということを思い出しやすかったり、覚えてもらえやすかったりするという効果が期待できるのではないでしょうか。人間は物事を覚えたり、思いだす時には様々な感覚を使って情報を入手させたほうが、記憶に残りやすく、思い出しやすい効果があると言われています。フリーランスの方にとって、印象に残りやすくなることは大きな武器になりますので、顔写真はできるだけ良いものや目立つようなものを使って、相手の方により印象に残るような名刺を作成して利用しましょう。

相手に安心感を与えることができる

 写真が名刺に残っていることによって、今度は相手に安心感を与える効果もあります。写真が名刺に載っていると、相手としては責任の所在が明確にわかるように情報が用意されていることや、誰が何をしているのかということが可視化されているような状態と捉えてもらえることになります。また、名刺に写真が入っていることによって、身分証明の代わりになるような効果も期待できるますので、相手方があなたに仕事を頼む際には、非常に大きな安心感を得ることになります。


 ここでは、フリーランスの方が名刺に写真を載せることで得られる効果について紹介しました。名刺に写真を載せることによって、紹介したような効果を期待できるので、ぜひ工夫を凝らして、相手に安心してもらえるような名刺を作ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する