1. プログラミングスキルをチェックする二つの方法

プログラミングスキルをチェックする二つの方法

 プログラミングの勉強をしていても自分のレベルが分からない、または部下のプログラミングスキルをどのように評価すればいいのかわからない、ということはないでしょうか?今回はプログラミングのスキルをチェックする方法を紹介します。

ネット上のプログラミングテストを受験する

 ネット上にはプログラミングのテストを受けることができるサイトがあります。多くの言語に対応し、基本的に無料なので時間を見つけてチャレンジするとよいでしょう。また、企業がプログラミングテストを行っている場合もあります。そこでの出来が良ければ採用というケースもあるので、転職を希望しているプログラマーにはメリット尽くしと言えるでしょう。

適性試験を受けてみる

 他にも、プログラミングの適性試験を受けてみるのもいいでしょう。検定にはC言語やjavaといった各言語についての能力を図るものや情報処理技術者認定試験など、各自のスキルに応じた試験が存在します。

 1級を持っていると十分な実力が認められるといわれているので、それを目指してみてはいかがでしょうか。資格試験なので実力が客観的に判断され、就職や転職にも有利になるのでこれらの検定を目標にして勉強するのも有効です。しかし、こちらの受験には検定料がかかります。


 以上が簡単にプログラミングスキルを確認できる方法です。自身の実力を確認しながらスキルの向上を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する