1. 面接の質問を意識した自己分析のポイント

面接の質問を意識した自己分析のポイント

by Nisa Yeh
 面接の際に、思いがけない質問をされて返答に窮した、という経験は誰しもあるものなのではないでしょうか。また、予め想定された質問であったとしても、自分でイメージしておいたほどにはうまく答えることができなかった、という経験がある人も多いはずです。

 これは実は予め正確かつ的確な自己分析をしておけば解決出来る問題なのです。今回は、面接でどのような質問をされても動じないような自己分析をし、それに基づいて回答するためのポイントについて紹介してきます。

1.されそうな質問に対して自己分析するのではない

 まず忘れてはならないのが、「面接で質問されそうなことについてだけ自己分析するのではない」ということです。確かに予め質問されそうなことに対する答を考えて面接に臨むというのは一つの方法ではあります。しかし、この方法では想定外の質問に答えることはできません。

 また、質問自体にはうまく答えられたとしても、面接担当者が話を展開してきた時に、フレキシブルに対応できない可能性があります。大切なのは、質問されそうなことも、そうではないことも分け隔てなく、自分自身を細かく自己分析しておくことです。質問される内容から自己分析していくのではなく、自己分析した結果を答に反映させることが大切です。

2.長所と短所を裏返して考える

 次に大切なのは、自己分析が客観的かどうかという点です。これについては、簡単に客観性を判断できる方法があります。それは、長所に対しては短所を、逆に短所については長所を見つけておく、という方法です。

 例えば、「社会人経験が浅い」「転職をしようとしている業界のことについては全く分からない」という短所は、逆に言えば「先入観なく物事を勉強できる」という長所にもなります。「正義感が強い」という長所は、「頑固である」という短所と紙一重であるかもしれません。

 確かに、必ずしも「あなたの長所と短所を教えて下さい」と直接的な質問をされることがあるとは限りません。しかし、面接での質問とは、通り一遍の答で満足するのではなく、その根拠や背景を尋ねてくるものです。長所は長所であり短所は短所である、と思い込まずに双方の観点から考えることで、面接での質問に対して深みのある回答をすることが可能になります。

 以上が、面接の質問を意識した自己分析のポイントです。どのような質問をされても答えられるよう、しっかりとした自己分析をしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する