1. 転職前に確認しておきたい志望動機の書き方のポイント

転職前に確認しておきたい志望動機の書き方のポイント

 会社の採用は、競争率が何百倍になることもあります。ここで伝えるのは履歴書の志望動機の書き方のポイントです。まずは書類選考を勝ち抜くために、志望動機の書き方をしっかり習得しましょう。

履歴書においての志望動機とは

 まずは履歴書の中の志望動機の意義を確認しましょう。志望動機は、採否を決定するにあたり職歴と同様に重視される箇所です。志望動機と職歴をチェックすることで応募者はどのような経歴を持ち、どのような理由でこの会社を志望したのかなどを紙面上でいち早く判断することができるからです。書類審査を確実に通過するためにも、自分が採用されたいと願う会社に失礼の無い、誠意のある、印象的な志望動機を記載することが必要です。

志望動機を書くときのポイント

①履歴書に書く前に志望動機を整理する

 実際に履歴書に記載する前に、一度他の紙に思いつく内容を書き出しましょう。「なぜこの会社に興味や魅力を抱いたのか?」「その会社で自分は何がしたいのか?または何ができるのか?」「なぜこの会社でなければならないのか?」「他の応募者と差がつくスキル、意欲は何か?」などを箇条書きにします。一度紙に書いてみることで頭の中も整理され、履歴書にもスムーズに書けるのです。

②志望動機の例やサンプル内容を上手く活かす

 履歴書の書き方用の本やインターネットのサイトなどに掲載されている、志望動機の例も強力な武器になります。しかし、これらをただ真似するだけでは独自性に乏しく、書類審査を通過できないでしょう。例やサンプルを上手く活用しながら、オリジナリティ溢れる自分なりの志望動機を考え記載しましょう。

③重視されるのは意欲、姿勢、適正

 会社側が採用を検討するポイントとして、応募者の意欲、姿勢、その会社(職場)においての適正などが重要視されるます。その3つを念頭に置くことは志望動機を記載する上で欠かせないことです。


 志望動機の書き方のポイントをいくつか紹介しましたが、一番重要なことはその会社や業界について自分なりに勉強しておくことです。その会社で働きたいと心から願うのであれば、まずは調査を怠らないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する