1. ソーシャルメディアを使ったマーケティングで心得ておきたい3つのこと

ソーシャルメディアを使ったマーケティングで心得ておきたい3つのこと

by Het Nieuwe Instituut
 ソーシャルメディアは私達の生活にどんどん浸透してきています。特に、ネットだけで留まらず、実生活でもソーシャルメディアの影響は多く出てきていると思います。ここでは、ソーシャルメディアを利用したマーケティングで心得ておきたいことを紹介していこうと思います。

1. 需要と供給をマッチさせる

 マーケティングに必要なのはよい商品をつくることだけではないと言えるでしょう。当たり前ですが、どんなによい商品でもその人にとって必要のないものではお客様は興味を持ってくれないこともあります。必要としている人に必要なものを提供することは、実にシンプルですが、それがとても難しいことです。ソーシャルメディアを有効に利用することによってこのような問題は難しいものではなくなるのではないでしょうか。提供を待ち望んでいる人をこちらから見つけることができ、そしてピンポイントに宣伝することが可能になってきます。こちら側から積極的にアピールしていくような使い方が求められてくるでしょう。

2. 流行っているものを敏感にキャッチする

 今まさに世の中で流行っているというものをいち早く敏感にキャッチし、それをすぐに発信できたものが競合企業に打ち勝つことができる時代になってきています。顧客の生の声がリアルタイムで手に入れるような施策をソーシャルメディアでは打っていく必要が出るでしょう。新鮮な情報で常に企業を潤わせていくことが非常に重要と言えます。

3. 情報の発信は時間帯を考えて行う

 大切な情報をいかにして活かすのかが重要になりますが、そこで特にポイントとなるのがタイミングです。ソーシャルメディアの機能として便利なのがリアルタイムで情報を得られるということがあると言えます。バーゲンセールをするのであればとにかくその情報を絶えず流し、需要と供給がマッチするような時間帯に情報を積極的に流すようにしましょう。常に新しさを求め、人が何を欲しているのかを見極めて、大切な情報をタイミングよく流すことが企業にとって大変な利益をもたらすことに繋がります。


 ここでは、ソーシャルメディアをマーケティングで活用するときに心得ておきたいことを紹介しました。多くの企業がソーシャルメディアを利用しているからこそ、押さえておきたいポイントもあるでしょう。ここで紹介したことを念頭に置き、マーケティングを行っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する