1. 楽観的な考えを持つ起業家たちの共通点と良い部分

楽観的な考えを持つ起業家たちの共通点と良い部分

by Robert Scoble
 起業家の多くは毎日の業務に追われたり、会社の未来や社員の生活について考えなければいけないという中で日々プレッシャーと闘っています。しかし、そんなプレッシャーがある中で、起業をして成功している人たちの多くは非常に楽観的に物事を考えていることが多いのです。そのような楽観的な起業家の共通点について、今回は説明していきたいと思います。

苦しくても明るく振舞っている

 楽観的な起業家の多くは、会社が苦しい時でもその様子を表に出さずに明るく振舞っている方が多いようです。もちろん人知れず苦悩している方もいますし、会社がピンチな状況を理解していないわけではありません。

 そのように楽観的に振舞うことによって、過去のことについてくよくよ考えず次に向かって行動しやすい切り替えができます。また、この先の明るい理想のために生きていけるのではないかということが周りにもいい影響が出てきますし、明るく振る舞っていれば自然とストレスを感じにくくなって睡眠や食事がしっかりと取れるようになります。それによって人間に必要な体力を温存・回復しやすくなりますので、次に向かうときに充実して行動が起こせるのです。

 このように、楽観的な起業家は常に明るく振る舞っているのが共通点であると言えます。

常に明るい未来を想定して行動をし続けている

 さらに、楽観的な起業家の方々は、常に明るい未来を想像して行動していることが共通点として挙げられます。明るい未来を描けるということは、その先にどうやってその未来を掴めばいいのかということを綿密に考えることです。反対に悲観的であると、先々のことを考えられずに今をどうやって切り抜けるかということに頭をめぐらすことが多くなってしまうので、先の未来のことを考えることができにくくなってしまいます。

 また、明るい未来を想定できてそれを実行に移すことができるのであれば、周りの人もその勢いに乗せられて頑張ってくれるようになるので、起業家として成功しやすくする方向性に持っていくことができますから、結果として楽観的な起業家が成功しやすいことになるのです。

 以上のように楽観的な起業家は、常に明るく振る舞っていることで色々な人たちを動かすことができる人たちです。あまり楽観的でないという方もいるでしょうが、過去にはその部分を克服して大きな起業家になった人もいます。ですので諦めずに、良い楽観的な起業家になれるように努力をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する