1. 面接で不採用になってしまった時に失敗をそのままにしないで次に活かす方法

面接で不採用になってしまった時に失敗をそのままにしないで次に活かす方法

by Parvin ♣( OFF for a while )
 これまで受験であったり就職や転職の際など、面接を受ける機会は多かったのではないでしょうか。その中で、面接によっては残念ながら不採用という結果をもらうこともあったかと思います。

 不採用は残念なことですが、きちんと反省して次に活かさないといけません。そこで、面接において不採用になってしまった場合はどのように対処すれば良いか考えてみましょう。

不採用の理由が明らかな場合

 面接で不採用となった場合の対処法には、その前提として「不採用の原因が明らかな場合」「不採用の原因が不明な場合」の2つがあります。まずは不採用の原因が明らかな場合への対処を考えてみます。

 この場合は、不採用になった原因が自身でも自覚しているということなので対処は単純です。なぜなら、次回の面接までにその原因を修正することで合格に近づくことができるからです。合格までにスキルなどの形式的な要件が足りなかったり、面接の中で自身の伝え方に問題がある場合など、問題点を自己分析することができてこれを克服することで自分自身を成長させることもできます。

 つまり、失敗を将来の成功に変えることができるのです。この場合、重要なことは必ず面接での失敗を振り返ることです。失敗したことを振り返ることは非常に辛い作業となりますが、これを乗り越え自身の糧とすることで、必ずや次回の面接での成功に結びつけることができます。

不採用の原因が不明な場合

 次に、不採用の原因が不明な場合の対処法を考えてみます。この場合は対処方法が非常に難しいものとなります。なぜなら、不採用の原因が不明であるため、何が問題だったのかが分からず、次の面接の機会までに克服すべき課題が見つからないからです。そのため、面接において自身の伝え方や伝えた内容についてどの程度自信があるのか、すなわち自分の中で面接までの準備などに対し、どの程度の評価を与えられるかが重要となります。

 もし十分な準備をした上で面接に臨んだのであれば、結果が不採用であったとしても気持ちを切り替えることができるのではないでしょうか。一方、十分な準備を行うことができなかった場合は、何が足りなかったのかをしっかりと自覚して足りなかった部分を見極め準備することで次の面接に繋げなければいけません。

 このように、面接の結果が不採用であった場合においては、不採用の原因が明らかかどうかでその後の対処が変わってきます。「失敗は成功のもと」という言葉があるように、まずは不採用の原因を振り返りこれを克服して成功を掴んで下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する