1. 【社会人としての最低限のマナー】転職者が「面接の辞退」を連絡するタイミング

【社会人としての最低限のマナー】転職者が「面接の辞退」を連絡するタイミング

by ajari
 「転職しよう!」と思って行動していると、結局今の会社に残る場合や、希望していた会社への転職が決まり、保険として受けていた会社に行く必要が無くなったなど、転職を申し込んでいた会社の面接を辞退しなければいけない場合もあるでしょう。 

 その場合、どういったタイミングで辞退を申し出るのが良いのでしょうか。今回は、転職の面接を辞退するタイミングについて紹介していきます。

1. 早ければ早い方が良し

 企業は新卒採用と違い、転職者には即戦力としての活躍を期待しています。そのため、企業は辞退されてしまうと困ってしまうのです。そう考えると、転職の面接の辞退を申し出るのに、ベストなタイミングは無いと言えるかもしれません。

 しかし、面接を辞退すると決めたのであれば出来るだけ早めに、連絡を入れるようにしましょう。企業は採用以外にもやる事が山のようにあるのです。面接を辞退するのであれば、再度募集をかけたり、他の応募者へ連絡を取るなど、やらなければいけない事があります。そのため、辞退を決めたら早めに連絡することを心がけましょう。

2. 思い立ったが吉日

 先ほども述べた通り、面接の辞退を申し出るのにベストなタイミングはありませんが、連絡は早ければ早い方が良いのです。「思い立ったが吉日」という言葉があるように、辞退すると決めたその日のうちに連絡を入れましょう。

 「辞退」は相手に伝えにくいことでしょう。であれば、早めに終わらせてしまった方が良いのではないでしょうか。いつまでも引き延ばし続けて晴れない気持ちでいるよりも、よほど良い気分になれるはずです。 

 企業側としても、辞退の申し出を受け入れなければいけないのですから、早く言ってもらった方が動きやすいでしょう。一人の社会人として、一人の大人として、出来るだけ相手に迷惑をかけないような行動を取る為にも、早めに辞退を申し出るべきです。

 最後に、当たり前ですが、面接当日に行かないということは、最もしてはいけないことです。伝えにくい面接の辞退ですが、引き延ばすことはお互いに何のメリットも与えません。上記でも述べたように、早めの連絡を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する