1. 【外資系企業に転職したい人向け】英語で面接を受けるときにしておきたい準備

【外資系企業に転職したい人向け】英語で面接を受けるときにしておきたい準備

by Unhindered by Talent
 外資系の企業では、面接が英語で行われることもあると聞きます。英語で面接を行うとなると、緊張も倍になるのではないでしょうか。英語のスキルが必須の仕事を希望している場合、あなたの英語力を試される場合もあります。 ここでは、転職の面接が英語で行われる時に、是非とも準備しておきたい内容について触れてみましょう。 

自己PRをしっかりと押さえておく 

 英語での面接と言っても、日本語での面接で聞かれるであろう内容の回答を、そのまま英語に訳すだけでは不十分です。特に自己PRにおいては、ただ翻訳するのでは無く、最初から英語で自己PRを考える事を強くお薦めします。 英語での自己PRは、自信がある方が、印象が良くなるでしょう。日本人でそこまでの自信をアピールする事はなかなか難しいと思うかもしれませんが、英語での面接における自己PRでは、自信があると自分に胸を張って言えるような準備をしておきたいところです。 

身振り手振りができる準備を 

 手を膝の上に置いて受けるよりも、身振り手振りをつけて話をすることが英語の面接では求められます。身振り手振りをつけて話すという事で、あなたの話す姿勢に真摯さと自信をもたらしてくれるでしょう。英語を使うような仕事を希望しているのであれば、英語でも自信を持って日本語と同じくらい、またはそれ以上に英語を使いこなせているという意味も含めて、是非とも身振り手振りを入れる必要があります。 身振り手振りを話の中で使うのは、すぐに出来るものではありませんので、普段から意識的に準備していって下さい。 


 ここでは、英語で面接を受けるときにしておきたい準備を紹介しました。英語での転職の面接となると、より念入りな準備が必要になります。話す言葉を何度も身振り手振りをつけながら復唱し、自分の言葉でしっかりと緊張せずに話せるようになるまで、今回お伝えした2つのポイントもおさえた上で、何度も練習を積んで下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する