1. 【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点

【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点

【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点 1番目の画像

 英語のビジネスメールを複数名の顧客や社員に送付する際、宛名をどう表記すればよいのか考えて、なかなかメールの作成が進まない経験をしたことがないだろうか?

 そんな人のために、今回は複数の相手に送るビジネスメールの宛名に関する基本的な注意事項を紹介したい。

英語で書くメールの「〜へ」に当たる宛名の書き方

 日本語の場合「〜へ」や「〜様」など、宛名の表現はいくつか存在するが、英語も同じである。

 まずは、英語ではどういった宛名の書き方があるのか確認してみよう。

英語の基本的な宛名の書き方

  • 「To」:日本語での“〜へ”にあたる宛名
  • 「Dear」:日本語での“様”にあたる宛名

 英語の宛名でよく使われるのが、日本語でいう「〜へ」に当たる「To」。「〜様」のように少し尊敬を込めた表現をしたい場合は「Dear」を使用する。 

 ビジネスシーンでは「To」よりも「Dear」を使うのが好ましいので、英語でメールのやりとりをすることが多い人は覚えておこう。

 また、「Dear」は日本語の「〜様」と異なり、友人などの親しい間柄でも頻繁に使われるということも、頭の片隅に留めておいてほしい。

数人に向けたメールにおける英語の宛名表現

【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点 2番目の画像

 個人への宛名の書き方を理解したところで、次は複数名にメールを送る場合の宛名の書き方を紹介しよう。

フォーマルさを決めて英語でメールの宛名を書く

 ビジネスシーンでは宛名に「敬称」を使用することが多いのは、日本語でも英語でも変わらない。目上の人には、敬称+名字という書き方をしよう。

 ちなみに社内の親しい人に送付する場合は、ファーストネームを用いて「Dear John」というように書いても問題はない。

 以下に英語メールの宛名でよく使われる基本的な敬称をまとめたので、メールを送る際に参考にしてほしい。

英語メールの宛名に使われる敬称一覧

  • Mr. (男性全般)
  • Mrs.(既婚女性)
  • Miss.(未婚女性)
  • Ms.(女性一般)

複数のメールの宛名を英語で並列する

 宛先が複数の場合、その数が少なければそのまま名前を並べて記すのが英語のルールだ。

 宛名が3人以上なら「,(コンマ)」で繋げて、最後の2人は「and」で繋げよう。2人にメールを送る場合には、宛名は「and」のみで結ぶので注意してほしい。

複数の宛名を並べる英語表記の例

  • 宛名が2人の場合:Dear John and Steve
  • 宛名が3人の場合:Dear John, Steve and Mark
  • 敬称を用いた場合:Dear Mr. White, Mrs. Smith and Mr. Jones

大人数に向けた英語メールの宛名 

【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点 3番目の画像

 メール内容によっては、大人数に送付することもあるかもしれない。

 大人数に向けてメールを送る場合、一人ずつ名前を書くのでは時間がかかってしまうだろう。

 そんなときは、大人数の宛名をまとめる英語表記を使うと便利だ。

まとめて英語で宛名を書く

 宛名をまとめる場合、部署ごとや役職ごとに括ることが一般的。

 従業員に送るのであれば「employees」、部長であれば「managers 」。部署であれば「section」という英語の単語が使われる。

大人数の宛名をまとめる英語表記の例

  • Dear Clients(クライエント)
  • Dear Sales Manager(営業部長)
  • Dear All(全員に呼びかけるときの表現)


 英語のビジネスメールを複数名に送信する際の宛名マナーを紹介してきたが、覚えられただろうか。

 一通メールを送るだけでも、色々なことに気を付けなければいけないと思いがちだが、一つひとつを着実に覚えていけばスムーズにこなせるようになる。

 本記事で紹介した宛名の書き方をしっかりと押さえて、メールマナーを守った英語のビジネスメールを作成しよう。

英語を活かした転職なら「ロバート・ウォルターズ」

【英語ビジネスメール】複数の相手に送る際の宛名マナーと注意点 4番目の画像

 ビジネスメールの作成だけでなく、交渉やプレゼンでも英語力を活かしたい!そう思っている人もいるのではないだろうか。

 「ロバート・ウォルターズ」は、英国発ロンドン発のスペシャリスト人材紹介会社だ。バイリンガル・スペシャリストを対象にした、外資系・日系グローバル企業の転職を強みとしている。

 取り扱う求人は、大手からベンチャー企業の企業規模、IT・金融・サプライチェーン・不動産などの専門分野など幅広い。

 また、プロのキャリアコンサルタントによる自己分析や情報収集のサポートを受けることができることのも大きな魅力だ。

 グローバルな活躍を夢見る社会人は、ぜひ「ロバート・ウォルターズ」に登録して相談することから始めてみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する